データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大阪桐蔭、4年ぶり8強入りで準々決勝は浦和学院と激突 高岡商はエース山田が力投も惜敗【全国高校野球】

2018/08/16

text By

photo

Kana Yamagishi

タグ: , , , , , , , , , ,



<第12日 第4試合 3回戦 ○大阪桐蔭3―1高岡商●>
 
 第100回全国高校野球選手権記念大会は16日、阪神甲子園球場で第12日を迎え、第4試合では大阪桐蔭(北大阪)が高岡商(富山)を破り、準々決勝進出を決めた。
 
 2度目の春夏連覇を狙う大阪桐蔭と、春夏通じて初めて甲子園2勝を挙げた高岡商の一戦は接戦となった。先制したのは高岡商。2回に安打と四球2つで満塁とすると、大阪桐蔭の先発の横川凱(3年)から田嶋怜(3年)に押し出し死球を受け1点を挙げた。
 
 一方の大阪桐蔭は3回、ここまで5三振を喫している高岡商の先発・山田龍聖(3年)から1死一、二塁のチャンスを作ると、主将の中川卓也(3年)がレフトへタイムリー二塁打を放ち2者が一気に生還。2-1と逆転に成功した。
 
 しかし、その後は高岡商の山田が圧巻の奪三振ショー。外角低めの速球などキレのある球を繰り出し、5回までに10奪三振をマーク。強打の大阪桐蔭打線に追加点を許さない力投が続いた。
 
 好投を続ける山田を援護したい打線だったが、6回からマウンドに登った大阪桐蔭の2番手・柿木蓮(3年)に対して2死から井林泰雅(2年)が中前安打で出塁するも後続が凡退し無得点に終わった。
 
 逆に、大阪桐蔭は6回に1死から根尾昂(3年)がライトへの二塁打で出塁。その後2死となったが、山田健太(3年)がレフトオーバーのタイムリー二塁打を放って、欲しかった追加得点を挙げた。
 
 試合はそのまま8回に進み、大阪桐蔭は1死満塁のチャンスを得るも無得点。ダメ押し点が奪えない。ピンチをしのいだ高岡商は9回、先頭の堀裕貴(2年)が左前安打で出塁。その後1死二塁としたが、柿木が後続を抑えて試合終了。大阪桐蔭が3-1で勝利し、昨年3回戦で仙台育英(宮城)に敗れた雪辱を晴らし準々決勝進出を果たした。
 
 一方の高岡商は、エースの山田が8回138球を投げ抜き11三振を奪う力投を見せたが、あと一歩及ばなかった。
 
 そして、大阪桐蔭の準々決勝は第14日の第2試合に組み込まれ、浦和学院(南埼玉)との対戦が決まった。大阪桐蔭と浦和学院が甲子園で対戦するのは、2012年の第84回選抜大会の準々決勝以来6年ぶり。