データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



JR東日本・山田龍聖(やまだりゅうせい)とは。高卒社会人入りの急成長見せる最速153キロ左腕【ドラフト2021】

2021/09/29

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 2021年プロ野球ドラフト会議を10月11日に控え、今年もドラフト候補選手たちに大きな関心が寄せられている。そこで弊サイトでは、特に注目を集める選手に焦点を当て、経歴、プレースタイルなどに迫っていく。今回は、社会人野球・JR東日本の山田龍聖投手。
 

 
 山田は、西條中、高岡商業高を経て、JR東日本に入社した満21歳の左腕(左打)。身長182センチ、体重80キロ。(JR東日本野球部のHPより)

 高岡商業高時代には、3度甲子園の土を踏んだ。特にエースとして迎えた3年夏には、チームをベスト16進出に導き、惜敗した大阪桐蔭高戦では、9回で11個の三振を奪う快投を披露。貴重なサウスポーとして高校日本代表にも選出された。
 
 卒業後は、社会人の名門・JR東日本へ。伊藤将司(現阪神タイガース)や太田龍(現読売ジャイアンツ)らを擁した投手陣の層は厚く、2年間全国大会の登板機会は得られなかった。しかし、ドラフト解禁となる3年目の今年は急成長。惜しくも本戦出場は逃したが、社会人日本選手権の東京都2次予選でも先発マウンドを任されるなど左のエース格として存在感を示している。
 
 最大の武器は、最速153キロの速球。打者のタイミングを外すチェンジアップや大きく曲がるスライダーを織り交ぜ、高い奪三振能力を誇る。また、年齢も21歳と若く、将来性も豊かな逸材だ。
 
2021年プロ野球ドラフト会議 最新情報一覧(日程・放送予定・注目選手など)






  • 記者募集