データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



高岡商・山田、高い修正能力発揮し完投 次戦は強打の大阪桐蔭「すぐ準備したい」【全国高校野球】

2018/08/13

text By

photo

Kana Yamagishi

タグ: , , , , , , , , , ,



<第9日 第2試合 2回戦 ○高岡商5―4佐久長聖●>
 
 第100回全国高校野球選手権記念大会は13日、阪神甲子園球場で第9日を迎え、第2試合では高岡商(富山)が佐久長聖(長野)に5-4で勝利し、3回戦進出を決めた。
 
 高岡商は初回、高岡商が1死二塁から主将の中村昂央(3年)のタイムリー安打で先制すると、2回にも2本のタイムリー安打で2点を追加して3-0と試合を優位に運んだ。
 
 対する佐久長聖は、3回に無死一、三塁のチャンスで西藤慶人(3年)の内野ゴロの間に1点を返す。一時は1-5と4点差をつけられたが、6回には斎藤真乃輔(3年)が2点タイムリー安打を放って3-5と2点差に迫り、接戦に持ち込んだ。
 
 しかし、高岡商のエース山田龍聖(3年)は終盤に徐々に調子を上げ、7回、8回を無失点。9回は2死一、三塁から味方野手のエラーで失点し1点差とされたが、最後は山田が上神雄三(3年)を空振り三振に仕留め、5-4で競り勝った。
 
 試合後、高岡商の吉田真監督は、1点差での勝利に「苦しい試合だったが、よく山田が投げてくれた」と4失点しながらも粘って9回147球を投げ抜いた山田を称賛。9回の攻防に関しては「後攻だったので、同点までは山田で我慢しようと。捕手とも話をして、『まだいける』ということだったので、同点までは託すという思いで見ていた」と振り返った。
 
 また、山田が9回に144キロを計測したことには「一皮むけたのかなと思う。つらい時期を乗り越えて、成長してくれて本当に嬉しく思う」と喜び、「前の試合よりも変化球の制球で苦しんでいたが、そこで別の球種を使い、捕手の筏(秀生)も上手く山田の良さを引き出した」と分析した。
 
 完投でチームを勝利に導いたその山田は、自身の投球について「低めに集めようと思っていた。ただ序盤は球が高かったので、後半は修正できたのが良かったと思う」とコメント。「相手の佐久長聖が粘り強いのは分かっていたので、負けずに粘ろうと思っていた。前回の登板では足が攣るなど準備不足だったが、今回はしっかり準備できた」と振り返りながら、次戦の大阪桐蔭戦(北大阪)に向けても「すぐにまた準備したい」と気を引き締めた。