データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



タグ:ポスティング・システム

巨人が菅野智之の残留を発表 ポスティング利用もメジャー球団と合意ならず、山口オーナー「感謝します」

2021/01/08

 読売ジャイアンツは8日、米・大リーグ(MLB)移籍を目指していた菅野智之投手から2021年シーズンも巨人でプレーすることを決意したとの連絡を受けたと発表した。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!    菅野は、ポスティングシステムを利用したメジャー移籍を希望していたが、契約交渉期限である米国東部時間1月7日午後5時(日本時間1月8日午前7時)を前に交渉の打ち切りを決断した。    巨人・山口寿一オーナーは球団を通じて、「世界でコロナ禍が深刻化する中、悩み抜いた末に残留を決断してくれ、感謝します。菅野投手は巨人 ... 続きを見る


日本ハム、西川遥輝のポスティング不成立を発表 契約交渉期限過ぎ、残留へ

2021/01/03

 北海道日本ハムファイターズは3日、米・大リーグ(MLB)移籍を目指していた西川遥輝外野手のポスティング不成立を発表した。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!    西川は、ポスティングシステムを利用し、メジャー移籍を望んでいたが、契約交渉期限である米国東海岸時間1月2日午後5時(日本時間1月3日午前7時)までに契約合意に至らなかった。    なお西川は、昨年12月2日に北海道日本ハムファイターズの契約保留選手として公示されており、同球団が保留権を有している。... 続きを見る


巨人・山口俊、ポスティングシステムによる大リーグ移籍表明「甘えを持たず」 同制度の利用は今後も「真摯に対応したい」

2019/11/18

 読売ジャイアンツの山口俊投手が18日、東京都内で会見し、ポスティングによる大リーグ移籍を目指すことを表明した。球団公式サイトが記者会見の模様を伝えている。    大リーグへの挑戦は、横浜ベイスターズ(現横浜DeNAベイスターズ)に入団した頃から考え始めたという山口。「甘えを持たず、しっかり前を向いてがんばります」と大舞台挑戦への決意を語った。    また、山口の表明を受けて、3年前のフリーエージェント(FA)移籍の際に、球団とポスティングによる移籍を認めるという約束を交わしていたことを明かした今村司社長は、今後のポスティング移籍について「(希望があれば)個々の選手と丁寧に ... 続きを見る


【MLB】西武・牧田はポスティング申請すれば争奪戦に?米国の移籍情報サイトが特集

2017/11/07

 今季も日米両方でシーズンが終了し、選手の移籍などが注目されるシーズンオフに突入した。来季に向けて新たな体制を整えるために自国内だけでなく、海外リーグの選手にも目を向けており、各球団、戦力補強には余念のない動きを見せている。    米国では日本ハム・大谷翔平へ注目が集まっているが、日本球界を代表するアンダースローである西武・牧田和久の動向にも注目が集まってきているようだ。    現在、MLBとNPBの間では10月末に失効した旧制度に代わる新ポスティング・システムへの移行を模索しているが、交渉がまとまらず合意には至っていない。しかし、新制度が合意に至った場合、大谷だけでなく牧 ... 続きを見る







  • 記者募集