データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





涌井は反応見えず…大谷は別格。平野、牧田は? 米挑戦へ4投手の可能性は【小宮山悟の眼】

フリーエージェント(FA)権の行使を宣言した選手が15日公示される。海外FAやポスティングを含め、日本人選手の数人のメジャー挑戦が報じられている。今回は彼らのメジャーでの可能性について話したい。

2017/11/15

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,



大谷の注目度は別格、平野・牧田・涌井の評価は?

 メジャー挑戦が報じられているのは、ポスティングでの移籍を目指す北海道日本ハムファイターズの大谷翔平、埼玉西武ライオンズの牧田和久、海外FA権を取得したオリックス・バファローズの平野佳寿と千葉ロッテマリーンズの涌井秀章だ。
 
 4人とも投手とは何かの偶然か。ひとまず獲得対象とされ、チームの強さを問わなければ、4人ともに手を挙げるメジャー球団はあるかもしれない。弱いチームの場合は登板の機会が頻繁にあり、そこでの活躍が認められれば、数年後にビッグクラブへの移籍も可能になる。そんなサクセスロードも悪くない選択だろう。
 
 問題は、メジャー各球団の最初の評価だ。どの程度のレベルの投手と判断しているか。 大谷は米国でも目玉の一人に挙げられるほど注目度が高い。FA公示されているメジャー選手の中でも注目選手のベスト5に入っている。ならば、ほかの3人はどうだろうか。

スポンサードリンク

1 2