データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



セイバーメトリクスの視点で過去の打撃ベスト10を振り返ろう ~1946-47年編~

2020/05/19

text By

photo

Getty Images, DELTA・道作

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 新型コロナウイルス感染問題により、プロ野球の開幕が遅れている。実際のプレーが見られぬ、もちろん球場にも出かけられぬとなれば、今まで行われてきたプレーの集積を楽しむのもひとつのやり方であろう。
 

 
 本企画はNPB過去年度の打撃ベスト10を眺め、往事の野球を今の視点から振り返り楽しんでもらおうというものだ。ただベスト10は従来の打率ではなく、セイバーメトリクスにおける総合打撃指標wRAA(※1)を採用する。これはリーグ平均レベルの打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標だ。この視点で振り返ることで、実は過小評価されていた打者がわかるということもあるかもしれない。
 
 企画の初回は、日本プロ野球がはじまった1936年ではなく、敗戦を経てNPBが復活を遂げた1946年及び1947年シーズン。また第2回は、東京五輪が行われた1964年シーズンを取り上げる。あえてこの3年からはじめるのは、克服しなくてはならない課題に直面していたという点で昨今の状況と重なると考えたからである。これらを乗り越えた上で前回の東京五輪があったわけだ。私のような年齢の者にとってあの五輪は代替の効かない、最大のトピックの一つである。

1946年のNPB

チーム      勝  敗  分   得点  失点  得失点差
グレートリング  65  38  2   567  413   154
巨人       64  39  2   499  356   143
阪神       59  46  0   549  430   119
阪急       51  52  2   439  439   0
セネタース    47  58  0   417  498   -81
ゴールドスター  43  60  2   311  484   -173
パシフィック   42  60  3   377  433   -56
中部日本     42  60  3   480  586   -106

 

 

 終戦から半年と少し、早くもNPBのリーグ戦が復活を見た。復員も間に合っていたとは言い難く、試合を挙行するのがやっとの陣容を揃えられた程度であったが、興業的なライバルも少なくGHQの後押しもあって国民的娯楽へと育ってゆく。今から振り返ると、これだけ早い復活は信じがたいものがある。戦地で失われた才能は数多く、水原茂など抑留でシベリアに閉じ込められ、帰国がかなわない選手もいたのだ。
 
 まだ1リーグ制であったこの年、セネタースの大下弘が驚愕の20本塁打を放って明るい話題となったことはよく知られている。戦前は2ケタ本塁打がNPB全体で2度記録されただけであった。20本に隠れたが、飯島滋弥(セネタース)の12本塁打も大下がいなければNPB新記録。ほかに小鶴誠(中部日本)、川上哲治(巨人)が前年までのNPB最多タイの10本塁打を記録するなど、終戦は打者の意識までに影響をもたらしたようである。
 
 このように大下の20本塁打が圧倒的に目立ったが、このシーズン最も高いwRAA35.1を記録した、つまり最も恐ろしい打者だったのは同じセネタースの飯島であった。wRAA、wOBA(※3)など、総合打撃指標ですべてリーグをリードしたほか、出塁率も.426で首位。レジェンドとしてはあまり語られることのない飯島ではあるが、この6年後にも総合打撃指標でリーグをリードするなど、終戦後の時代をリードする強打者の1人であった。
 
 wOBA.400で2位の藤村富美男(阪神)は本塁打以外の長打が多かった。424打席で31本の二塁打、12本の三塁打をマークして合計が43本。二・三塁打の数では次に多い青田昇(阪急)、森下重好(パシフィック)に10本の差をつけており、後年の本塁打王の片鱗を見せている。
 
 私は以前、打撃成績から一般的に期待できる打点に比べ、どれほど余剰をつくったかという分析を行った。ここで歴代最高を記録したのが147打点を記録した2005年の今岡誠(当時阪神)であるが、この年の山本一人(グレートリング)は4本塁打ながら95打点を記録しており、NPB歴代トップ3に数えられる異常な数値となっている。
 
 翌年腸チフスに倒れ命を落とす黒沢俊夫(巨人)もwRAA19.6で7位にランクイン。読売の欠番である4番はこの人の番号だ。
 
 なおベスト10のうち、戦前からの活躍組が6人、新たに加入した46年組が4人と、新たに加入した選手が多いのは再開のシーズンらしくもある。プロ野球は戦後に社会的地位を大きく向上させた。戦前のままであったならばこの4人のうち何人が参加しただろうか?
 
 規定打席に達しなかった圏外選手の中ではやはり川上のスタッツが光る。年度途中での復帰にもかかわらず10本の本塁打を記録。wOBAは.393と規定到達打者3位相当の数値を記録した。

1947年のNPB

チーム 勝  敗  分  得点  失点  得失点差
大阪  79  37  3   502  325   177
中日  67  50  2   410  320   90
南海  59  55  5   384  374   10
阪急  58  57  4   357  350   7
読売  56  59  4   393  396   -3
東急  51  65  3   354  427   -73
太陽  50  64  5   350  423   -73
金星  41  74  4   341  476   -135

 

 
 1946年と比較すると、チーム名から一挙にカタカナがなくなったのにお気づきだろうか?このへんにも自信喪失から立ち直りつつある社会全体の空気感が垣間見える。
 
 1947年は、前年の打率.281から.315と確実性を増した大下(東急)が首位打者と本塁打王を獲得する活躍。wRAA47.4、wOBA.400など総合打撃指標でも初の1位となっている。前年に比べて3分以上打率を改善させたが、出塁率の方は2分少々しか上がっていない。かなり打って出る打者だったようで、飛びぬけた強打のわりに四球は多くない。丸佳浩(巨人)、柳田悠岐(ソフトバンク)、山田哲人(ヤクルト)といった四球も選べる現代風の強打者とは一線を画すタイプと言える。
 
 川上(読売)は二塁打、四球など、満遍なく良好な結果を残しwRAA40.1で2位。打率や本塁打など旧来のスタッツでは大下に大差をつけられたが、セイバーメトリクス指標で見た得点生産力の差はそれほど大きくなく、リーグ首位を争う存在であることは変わっていない。
 
 ほかに飯島(東急)、山本(南海)らは多くの四球を獲得することによって上位にランクイン。ちなみに3位4位は2年続けて金田正泰(大阪)、山本の並びになっており、どちらも当時を代表する強打のチームの中心としての顔であった。
 
 特に1947年の大阪は「初代ダイナマイト打線」と呼ばれている。この2年後にも大阪は打率・本塁打など旧来のスタッツで圧倒的な力を見せ「ダイナマイト打線」と呼ばれたが、他球団につけた得点差が最も大きかったのは実はこの1947年。チーム得点2位の中日に92点の大差をつけている。傑出度という点で、その後のタイガースが再びこのレベルの攻撃力を見せるのは1985年、ランディ・バースを中心に優勝を勝ちとる年であり、この間には38年の時間が経過していた。
 
 イラスト内のベスト10圏外の注目選手には河西俊雄(南海)を取り上げた。これは表の打撃成績ではなく、53盗塁21盗塁死で盗塁王を獲得した点に注目してほしい。86安打39四死球で計125出塁。これ以外に併殺崩れなどによる走者の入れ替わりで塁に残った場合もあるだろうが、これだけの出塁数のうち、74回も盗塁にチャレンジしているのはある意味すごい。現代では考えられないことではあるが、打率.203、出塁率.270で1年間不動の2番打者を務めている。球界全体の打力が低いためにわりと気楽に盗塁のリスクをとりやすい状況だったようだ。往時の戦術選択の風潮をよく表している。
 
(※1)wRAA:リーグ平均レベル(0)の打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標。優れた成績で多くの打席をこなすことで値は大きくなる。
(※2)勝利換算:得点の単位で表されているwRAAをセイバーメトリクスの手法で勝利の単位に換算したもの。1勝に必要な得点数は、10×√(両チームのイニングあたりの得点)で求められる。
(※3)wOBA(weighted On-Base Average):1打席あたりの打撃貢献を総合的に評価する指標。
(※4)平均比:リーグ平均に比べwOBAがどれだけ優れているか、比で表したもの。
 
 
DELTA・道作
 
DELTA@Deltagraphshttp://deltagraphs.co.jp/
 2011年設立。セイバーメトリクスを用いた分析を得意とするアナリストによる組織。書籍『プロ野球を統計学と客観分析で考える デルタ・ベースボール・リポート1~3』(水曜社刊)、電子書籍『セイバーメトリクス・マガジン1・2』(DELTA刊)、メールマガジン『1.02 Weekly Report』などを通じ野球界への提言を行っている。集計・算出した守備指標UZRや総合評価指標WARなどのスタッツ、アナリストによる分析記事を公開する『1.02 Essence of Baseball』(https://1point02.jp/)も運営する。
 
 
年度別一覧に戻る






  • 記者募集