データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



松沼博久・雅之、ドラフト外の肖像#3 一躍プロ注目選手へ。それでも想いは「兄弟で都市対抗優勝しよう」

日本プロ野球では1965年にドラフト制度導入後も、ドラフト会議で指名されなかった選手を対象にスカウトなどの球団関係者が対象選手と直接交渉して入団させる「ドラフト外入団」が認められていた。本連載ではそんな「ドラフト外」でプロに入団した選手1人の野球人生をクローズアップする。

2018/10/11

text By

タグ: , , , ,



3年で台頭もプロは厳しいと思い込んでいた

 高校卒業後、松沼は一般試験を受けて東洋大学に入学する。
 
 東洋大学野球部は1924年創部、東都野球リーグには1940年から加盟している。60年代後半から一部に定着。しかし、松沼が入学したときは、一部リーグの底で燻っていた。1年時の春季、秋季リーグ戦は共に6チーム中6位の最下位。入れ替え戦で二部の優勝チームに勝利し、かろうじて一部に踏みとどまっていた。
 
「1年のときは、試合に出るなんか飛んでもない状態でした。球拾いと掃除、食事の準備と洗濯、そういう雑用しかしていないです」
 
 野球部は1学年約15名程度。東武東上線の鶴ヶ島駅にある寮での生活だった。松沼にとっては初めての寮生活である。
 
「部屋の畳は(歪んで)うねっているし、カーテンは毛布みたいなのが貼ってある。昔の兵舎を思い浮かべてもらえればいいですよ」
 
 東洋大学には全国の野球強豪校から選手が集まっていた。ブルペンで他の投手が投げているのを見たが、自分が負けているとは思わなかったという。
 
「大していい選手はいなかった。広島商業から来たピッチャーとかもいましたけど、こんなもんかと。(彼らに)勝つ負けるよりも(試合には)出られないのは分かっていたんですけど」
 
 投手として大成する一つの資質は、自分に対する自信である。それを松沼は持ち合わせていたといえる。
 
「1年生のときはずっとバッティングピッチャーをやらされたんです。上級生相手にストライクが入らなくて、監督から〝お前は外野を走っておけ〟と言われて、泣きながら走っていた。1年のときは、野球に集中できなかった。(寮に帰ると)説教があるとかさ。夜中に(先輩から呼び出されて)1時間正座とか。そんなんが嫌で嫌で。我慢はしていたんだけれど」
 
 松沼が力を発揮するのは、3年生の春季リーグからだ。
 
「エース級が抜けて3年生になると、上級生だからまるで天皇陛下のような(扱い)じゃないですか。友だちと夜に出かけらるようになる。生活が楽になって、野球も楽しめるようになった。監督はうるさいんだけど、(自分は)あんまり怒られていないんですよ。それで春から天下を取ったように投げた」
 
 東洋大学は開幕から4連敗。その後の、日本大学戦で松沼は2試合連続完投勝利。同じ3年生の左腕、市村則紀と松沼の二本柱により、リーグが終わってみると3位という好成績だった。市村は電電関東を経て、82年のドラフト会議で中日ドラゴンズから3位指名を受けてプロ入りしている。
 
 秋季リーグ戦でも松沼は5勝を挙げ、チームは2位。また打撃成績でも3割3分3厘と3位に食い込んだ。
 
「1、2年生のときは全然目立っていなかったんですよ。3年生になって目立つというのは不思議なんだけど」
 
 4年生の春季リーグでは、最終戦まで駒澤大学と同じ勝ち点で首位。最終戦で両校が対戦、東洋大学は連敗し、優勝を逃した。駒澤大学の四番に座っていたのは1学年下の中畑清である。彼は周知のように75年のドラフトで読売ジャイアンツから3位指名されることになる。
 
「4年生の春先には就職の話があった。ただ、あんまり真剣に考えていなくて、ただ野球をやっていた。暇なときに遊びにいったりしている、気楽な野球人だったね」
 
 プロ野球選手になることは夢だった。しかし、現実には難しいと思い込んでいたという。早い時期に高校時代から世話になった人間の関係で東京ガスに進むことを決めた。
 

1 2