データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大量点差で盗塁…、勝利とセーブWゲット…判定はどうなる?【意外と知らない野球ルール3問クイズ】

野球には、様々な状況を想定した「公認野球規則」がある。このルールブックによって、想定外と思われるような珍場面でも公正な判定を下すことができる。今回は「名珍場面から振り返る野球のルール」(カンゼン、2014年刊行)より、難解な野球規則を過去の事例からクイズ形式で出題する。

2018/01/04

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , ,



Q3:勝利投手の権利を持った先発が…

Q3:1974年8月での試合でのこと、先発投手が勝利投手の権利を持った状態で6回途中まで投げ切ったあと、三塁の守備につくと、セーブが付く状況で再びマウンドへ。そして9回まで締め、勝利を手にした。この投手にはどのような記録が付く?
 
 先発投手が6回裏途中まで無失点の好投を見せていたが、相性の悪い左打者を迎えた場面で、左のワンポイントを投入。先発投手はいったん三塁手に回り、打者一人を終えたところで、再びマウンドに上がった。そして9回まで好投。投手には、どのような記録が付いたのか?(1974年時点での規定)
 
A:勝利とセーブの両方が付いた。
B:「勝利」に優先権があり、勝利のみでセーブはつかない。
C:投手の選択で、どちらかを選ぶことができる。

【次ページ】正解は…
1 2 3 4 5 6