データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



DHに偵察メンバー、カウント間違え…。判定はどうなる?【意外と知らない野球ルール3問クイズ】

 野球には、様々な状況を想定した「公認野球規則」がある。このルールブックによって、想定外と思われるような珍場面でも公正な判定を下すことができる。今回は「名珍場面から振り返る野球のルール」(カンゼン、2014年4月刊行)より、難解な野球規則を過去の事例からクイズ形式で出題する。

2017/12/18

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , ,



Q1:指名打者の第1打席での代打は…

Q1:指名打者に偵察メンバーを起用し、第1打席で代打を送る。これは認められる?
 
 相手の先発投手が右か左かわからなかったため、監督は指名打者に登板予定のない投手を起用。いわゆる、 偵察メンバーである。1打席目が回ってきたとき、当然のように代打を送ろうとしたところ、相手の監督からクレームが入った。審判の判断は?
 
A:指名打者への偵察メンバーは禁止。必ず1打席立たなければならない。
B:何ら問題なく、代打を送ることができる。
C:指名打者に限らず、先発メンバー9人は必ず1打席立たなければいけない。

【次ページ】正解は…
1 2 3 4 5 6