大谷翔平選手をはじめとした日本人メジャーリーガーを中心にメジャーリーグ・日本プロ野球はもちろん、社会人・大学・高校野球まで幅広いカテゴリーの情報を、多角的な視点で発信する野球専門メディアです。世界的に注目されている情報を数多く発信しています。ベースボールチャンネル



「ドラフト1位」がまさか…1軍出場なしに終わった元逸材5人。無念の戦力外通告を受けた選手たち

2024/05/19

text By

photo

産経新聞社



柿田裕太


・投打:右投右打
・身長/体重:182cm/88kg
・生年月日:1992年8月27日
・経歴:松本工高‐日本生命
・ドラフト:2013年ドラフト1位
 
 ドラフト1位で3球団が競合するなど、大きな期待が寄せられた柿田裕太。ところが、まさかの一軍登板なしでプロの世界から離れる結果に終わった。
 
 社会人の強豪・日本生命で主戦投手として活躍し、即戦力の評価を高めると、2013年ドラフト会議では、3球団が1位指名。抽選の末、横浜DeNAベイスターズが交渉権を獲得した
 

 
 即戦力と大きな期待を受けた柿田は、ルーキーイヤーから春季一軍キャンプに帯同。ところが右肘を故障し、開幕前に戦線を離脱した。同年は二軍で13試合に登板し、7勝5敗、防御率3.93を記録。
 
 その後も一軍昇格を果たせず、ファームでの生活が続いた。プロ4年目の2017年は、二軍でも5試合登板、防御率14.54と散々な結果に終わり、同年オフに戦力外通告を受けた。
 
 再起をかけて12球団合同トライアウトに参加し、好投を見せたが、移籍先は決まらず。4年間で一軍マウンドに立つことなく、現役引退となった。

1 2 3 4 5