プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



来秋の目玉は誰?2023年ドラフト候補の高校生5人を先取りチェック!【ドラフト注目選手】

2022/10/29

text By

photo

産経新聞社



ドラフト2023 最新情報

 今年も数々のドラマが生まれたプロ野球ドラフト会議。9球団が重複なしで1位指名を公表する異例のドラフトとなったが、野球ファンの間では大きな盛り上がりを見せた。今回は、逸材揃いと呼び声高い2023年ドラフトの高校生候補5人を厳選し、紹介する。

 

 

佐々木麟太郎(花巻東)


 
 高校生の目玉となるのは恐らくこの男。高校通算93本塁打(東北大会終了時点)を誇る左のスラッガー・佐々木麟太郎内野手だ。同じく左の長距離砲である真鍋慧内野手(広陵)、佐倉侠史朗内野手(九州国際大付)とともに大きな注目を集める。
 
 最大の武器はやはり長打力。183センチ、117キロの恵まれた体格を生かした力強いスイングで、鋭い打球を飛ばす。花巻東では1年春からスタメンに入り、県大会で3打席連続本塁打を放つ活躍。秋は明治神宮大会での2本塁打を含む公式戦6本塁打を記録し、その名を全国に轟かせた。
 

 
 パワーは申し分ないが、一方で課題も残る。今春の選抜では市和歌山・米田天翼投手のストレートに圧倒され4打数無安打2三振。ともに初戦敗退を喫した今春、今秋の東北大会は佐々木自身も無安打に終わっており、好投手相手に苦戦する姿が見受けられている。
 
 今秋の岩手大会地区予選では公式戦初の捕手にも挑戦。ドラフトに向け、長打力以外の魅力もアピールしていかなければならない。ここからが真価が問われる一年になる。

1 2 3 4 5