プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



即戦力?伸びしろ?今秋ドラフトの注目選手5人(社会人・野手編)|プロ野球ドラフト会議2022

2022/10/03

text By

photo

産経新聞社



プロ野球ドラフト会議2022 最新情報

 今年も直前に迫ったプロ野球ドラフト会議。高校生、大学生は続々とプロ志望届を提出し、運命の日を前に各地で、各カテゴリーのドラフト候補生がアピールを続けている。今回は社会人野手の注目選手5人をピックアップ。経歴や特徴を紹介する。

 

 

平良竜哉(NTT西日本)


 
 フルスイングが魅力の右の強打者。身長170センチと小柄ながら、「和製アルトゥーベ」と称される長打力が最大の武器だ。
 
 前原高では投手と内野手を兼任していたが、九州共立大では一塁手や二塁手としてプレー。1年春からレギュラーを勝ち取ると、いきなり3本塁打をマークする活躍を見せ、秋の神宮大会ではバックスクリーン弾を放った。
 

 
 その後も2年秋に打率5割6分4厘、4本塁打、20打点で三冠王を獲得するなど打ちまくり、リーグ戦通算16本塁打を記録。さらに通算28盗塁と俊足ぶりも発揮し、プロ注目の選手へと成長した。しかしドラフトで指名はなく、NTT西日本でプロを目指すこととなった。
 
 NTT西日本では1年目に怪我に見舞われたが、都市対抗では2試合で4安打と存在感を示した。直近の試合でも日本選手権出場を決める豪快な2試合連続弾を放つなどアピールを続けており、上位指名が期待できそうだ。

1 2 3 4 5