プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



未来のスターは誰?今秋ドラフトの注目選手5人(大学生・野手編)|プロ野球ドラフト会議2022

2022/09/30

text By

photo

産経新聞社



プロ野球ドラフト会議2022 最新情報

 今年も直前に迫ったプロ野球ドラフト会議。高校生、大学生は続々とプロ志望届を提出し、運命の日を前に各地で、各カテゴリーのドラフト候補生がアピールを続けている。今回は大学生野手の注目選手5人をピックアップ。経歴や特徴を紹介する。

 

 

蛭間拓哉(早稲田大)


 
 野手のドラフト1位候補筆頭とも言える強打の外野手。東京六大学リーグでは通算12本塁打をマークしており、下級生の頃から注目を集めていた。
 
 高校は浦和学院でプレーし、1年春から4番を任されバットで結果を残した。3年夏には主将を務め、甲子園も経験。仙台育英との1回戦で本塁打を放つなど活躍し、ベスト8進出に貢献した。高校通算は28本塁打。
 

 
 早稲田大では2年春からレギュラーの座をつかみ、春秋ともに3割を超える打率を残す。優勝がかかる秋の早慶戦では初戦で木澤尚文投手(現・東京ヤクルトスワローズ)から決勝ソロ、翌日には逆転2ランを放つ勝負強さを見せ、チームを逆転優勝に導いた。
 
 今秋は打撃不振に陥っているが、大学・社会人選抜の一員として出場したU23NPB選抜とのプロアマ記念試合、大学日本代表と高校日本代表の壮行試合でそれぞれ2安打をマークするなどアピールしており、スカウト陣からの評価は依然として高い。

1 2 3 4 5