プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



未来のスターは誰?今秋ドラフトの注目選手5人(大学生・投手編)|プロ野球ドラフト会議2022

2022/09/30

text By

photo

産経新聞社



プロ野球ドラフト会議2022 最新情報

 今年も直前に迫ったプロ野球ドラフト会議。高校生、大学生は続々とプロ志望届を提出し、運命の日を前に各地で、各カテゴリーのドラフト候補生がアピールを続けている。今回は大学生投手の注目選手5人をピックアップ。経歴や特徴を紹介する。

 

 

矢澤宏太(日本体育大)


 
 今秋ドラフト最大の目玉と言っても過言ではないのがこの男。投手と外野手の「二刀流」でプロ入りを目指しており、身長173センチ、体重72キロと小柄ながら、投打共にドラフト1位レベルの素質を持つ。
 
 投げては最速152キロのストレートと縦横のスライダーを武器に奪三振を量産し、打っては運動能力の高さを生かした長打力と俊足で魅了する。大学ラストイヤーはリーグ戦でアピールしているほか、大学日本代表として参加した国際大会でも投打で結果を残した。
 

 
 高校は藤嶺藤沢でプレーし、1年秋からエースナンバーを背負った。当時から投手と外野手を兼任し、投手としては最速149キロ、打者としては通算32本塁打を記録。甲子園出場経験はないもののポテンシャルの高さを評価され、高校3年次にはプロ志望届を提出したが、指名には至らなかった。
 
 大学では3年次から本格的に二刀流に挑み、投手としても野手としてもベストナインに選出されるなど活躍。その名を全国に知らしめてきた。日本プロ野球界に、大谷翔平(ロサンゼルス・エンゼルス)に次ぐ二刀流成功者は現れるか。注目が集まる。

1 2 3 4 5