プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



即戦力?伸びしろ?今秋ドラフトの注目選手5人(社会人・投手編)|プロ野球ドラフト会議2022

2022/10/03

text By

photo

産経新聞社



プロ野球ドラフト会議2022 最新情報

 今年も直前に迫ったプロ野球ドラフト会議。高校生、大学生は続々とプロ志望届を提出し、運命の日を前に各地で、各カテゴリーのドラフト候補生がアピールを続けている。今回は社会人投手の注目選手5人をピックアップ。経歴や特徴を紹介する。

 

 

吉村貢司郎(東芝)


 
 ドラフト1位指名が有力視される投手の一人。足を振り子のように使う独特なフォームから、最速153キロのストレートとキレのあるスライダー、フォークなどの変化球を放る右腕だ。
 
 日大豊山高では1年秋からエースを務め、3年夏には東東京大会準優勝に貢献。国学院大では下級生のうちから150キロを超えるストレートを投げ、実績を積み上げたが、4年秋は怪我に見舞われリーグ戦はわずか1試合の登板に終わった。最後の秋にアピールできなかったことも響き、プロ志望届を提出するも指名はなし。社会人経由でのプロ入りを目指し東芝に入社した。
 

 
 東芝では1年目から都市対抗で登板し、152キロを計測した。ドラフト解禁の昨秋も指名はなかったが、ENEOSの補強で出場した都市対抗で再び好投し評価を上げた。怪我を乗り越えレベルアップを果たした右腕は、念願のプロ入りを果たせるか。

1 2 3 4 5