プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



甲子園優勝だけがすべてじゃない…球界を代表するトップスター5人の「高校最後の夏」は?

2022/08/16

text By

photo

産経新聞社



高校野球 最新情報

高校時代に活躍した選手でも、プロ野球界で活躍することは並大抵ではない。一方で、トッププレーヤーが必ずしも甲子園制覇を果たしているとも限らない。高校野球を経験した選手たちには、それぞれに「夏の終わり方」がある。今回は、球界を代表するトップスター5人の「最後の夏」を紹介する。

 

 

イチロー(愛工大名電)


 
出身:愛知県
投打:右投左打
身長/体重:180cm/71kg
生年月日:1973年10月22日
ドラフト:1991年ドラフト4位

 
 世界でもトッププレーヤーとして、プロ通算4367安打を記録した天才打者、イチロー。愛知県の豊山中学校では中軸として君臨し、強豪校として知られる愛工大名電高校に入学。入学してからまもなく、イチローらしい言動があった。
 
 当時、愛工大名電の監督を務めていた中村豪に対して、「僕をプロの選手にしてください」と伝えたという。イチローは学業も優秀で、成績はオール5というほどの秀才っぷり。非常に練習熱心の努力家でありながら、中村豪に「ボールを芯でとらえる感覚はずば抜けていた」と言わせるほどのセンスも持っていた。
 

 
 「イチローといえばバッティング」というイメージだが、愛工大名電ではエースとして1991年のセンバツに出場した経験がある。140km/hを超える直球を投げていたものの、通学中に交通事故に遭ったことでピッチングフォームが崩れてしまった。そういった過程があり投手は断念、野手に転向する。
 
 イチローの最後の夏は、愛知県大会の決勝で敗れて終わった。相手は名門の東邦高校。0-7というスコアで完敗した。しかし、イチロー自身は「甲子園に行かず注目されないままプロに指名されたほうがいい」と語っていたという。高校生の段階で高校生離れした言動の数々は、イチローがプロとして活躍する序章に過ぎなかった。

 
関連記事:恩師と球友が証言するイチローの高校時代。鈴木一朗は「高校レベルの練習は中学で終えていた」

1 2 3 4 5