データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



「大谷を花巻東に連れてきたのは雄星なんです」。大谷翔平と菊池雄星が歩んだ道、佐々木監督の証言

菊池雄星投手のシアトル・マリナーズと、大谷翔平投手擁するロサンゼルス・エンゼルスが30日(日本時間31日)に対戦する。マリナーズは菊池が先発するため、大谷が出場すれば、メジャーリーグの舞台で初対決となる。

2019/05/30

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , ,



岩手県の子どもたちに

 シアトル・マリナーズの菊池雄星が30日(日本時間31日)、本拠地T-モバイルパークで行われるエンゼルス戦に先発する。エンゼルスの大谷翔平が右肘手術から野手としての復帰を果たしてからというもの、このタイミングでの対決が予想されたが、同郷出身同士の対決には、興味深いものがある。
 
 菊池が渡米前、大谷との対戦に思いを馳せ、こんな話をしていた。
 
「同じリーグにいるわけですから、これから何度も対戦することになる。大谷は去年のア・リーグの新人王を獲ったほどの選手ですので、対戦するのは楽しみです。ただ、彼と勝負をすれば、当然、勝ち負けがついてしまうんですけど、 一番大事にしたいのは、メジャーリーグという舞台で対戦しているのを いろんな人に見てもらって野球界が盛り上がってくれればなぁ、と。 そして、岩手県の子どもたちが自分たちもメジャーリーガーになれるんだと思ってくれる。そうなってくれることが一番嬉しいですね」
 
 彼ら二人が同じ高校出身であることは、誰もが知っていることだろう。
 
 大谷翔平が中学3年生だった時、岩手県勢初の優勝をかけて、センバツ大会決勝に進出した花巻東高のエースだったのが菊池雄星だった。大谷は、そんな菊池の姿を見て、花巻東高への進学を決めた。

1 2 3