プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



代打でも使いたい…打席が楽しみな投手5人。“自援護”はエースの証? 打撃開眼が勝利への近道

2022/05/19

text By

photo

産経新聞社



山崎伊織(読売ジャイアンツ)


 
投打:右投左打
身長/体重:181cm/81kg
生年月日:1998年10月10日
経歴:明石商 – 東海大-巨人
ドラフト:2020年ドラフト2位
 
 今季一軍デビューを果たし、ここまで6試合の登板で、2勝1敗、16奪三振、防御率2.76の成績を残している山崎。プロ1年目をリハビリに費やし、今季から本格的にプロの道を歩み始めたトッププロスペクトは、打つ方でも野手顔負けの数字を叩き出している。
 
打率.750(4打数3安打)、0本塁打、2打点、OPS1.583(出塁率.833+長打率.750)

 一見、1試合で大当たりしたような成績に見えるが、計10打席に立っており、凡退は5月10日に空振り三振を喫した一度だけ。3安打、2四球、4犠打と内容のある結果を続けている。また打撃練習では柵越えも披露するなど“二刀流”の活躍が観たい一人だ。

1 2 3 4 5