データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



二刀流・大谷翔平は何位? MLBア・リーグ各部門のランキングトップ10は?<投手大谷編>

2021/09/15

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



勝利

勝利数では、現在ゲリット・コール(ヤンキース)が15勝でトップ。大谷はここまで21試合に登板し、9勝2敗の成績だ。全体トップはフリオ・ウリアス(ドジャース)の17勝。(9月15日時点)

1位:ゲリット・コール(ヤンキース) 15勝
2位:柳賢振(ブルージェイズ) 13勝
3位:クリス・バシット(アスレチックス) 12勝
3位:スティーブン・マッツ(ブルージェイズ) 12勝
3位:ランス・マッカラーズJr.(アストロズ)12勝
3位:フランキー・モンタス(アスレチックス)12勝
3位:カルロス・ロドン(ホワイトソックス)12勝
8位:ホセ・ベリオス(ブルージェイズ)11勝
8位:ディラン・シーズ(ホワイトソックス)11勝
8位:クリス・フレクセン(マリナーズ)11勝
8位:ザック・グレインキー(アストロズ)11勝
8位:ロビー・レイ(ブルージェイズ)11勝
8位:エドゥアルド・ロドリゲス(レッドソックス)11勝

21位:大谷翔平(エンゼルス) 9勝

【大谷翔平グッズ特集はこちら】

防御率

防御率部門では、ロビー・レイ(ブルージェイズ)が防御率2.69の活躍。大谷は、規定投球回に達していないためランク外だが、防御率3.36は5位に相当する数字だ。ナ・リーグトップはマックス・シャーザー(ドジャース)の2.17。(9月15日時点)

1位:ロビー・レイ(ブルージェイズ) 防御率2.69
2位:ゲリット・コール(ヤンキース) 防御率2.75
3位:ランス・マッカラーズJr.(アストロズ)防御率3.12
4位:クリス・バシット(アスレチックス) 防御率3.22
5位:ホセ・べリオス(ブルージェイズ) 防御率3.43
6位:ネイサン・イオバルディ(レッドソックス) 防御率3.52
7位:フランキー・モンタス(アスレチックス)防御率3.72
8位:クリス・フレクセン(マリナーズ) 防御率3.73
9位:ルーカス・ジオリト(ホワイトソックス)防御率3.77
8位:シーン・マナエア(アスレチックス) 防御率3.79

15位:菊池雄星(マリナーズ) 防御率4.23
5位相当:大谷翔平(エンゼルス) 防御率3.36(規定未満)

【次ページ】奪三振数・奪三振率
1 2 3





  • 記者募集