データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



「考えすぎ」が大きな武器に マリナーズ・菊池雄星が掴んだ“うまさのあるピッチング”【雄星リポート第2戦】

シアトル・マリナーズの菊池雄星投手が、29日(日本時間30日)のボストン・レッドソックス戦に先発登板した。勝ち星こそ付かなかったが、メジャー仕様のスタイルで挑んだこの日の投球では、ボガーツに浴びた一発を境に、“うまさ”が感じられる投球が光った。

2019/04/02

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



力勝負だけではない、幅のある投球

 その言葉からはメジャーでやっていくための手応えが感じ取れた。
 
「今日打たれた2本のホームランは、少し甘く入ったボールを完璧に捉えられました。ただ、しっかりと指にかかったボールは空振りや差し込むことも多かったので、そこは、自信にしていいのかなと思います」
 
 シアトル・マリナーズ菊池雄星の本拠地デビュー戦は、昨季のワールドチャンピオンを相手にして6回4安打3失点(自責2)5奪三振。ブルペン陣が打ち込まれて初勝利はならなかったものの、クオリティースタートをキープするピッチングは、及第点を与えていいだろう。
 
 菊池の言葉を借りるわけではないが、その数字以上に手応えを抱かせたのは、2回表、ボガーツにソロ本塁打を浴びてから幅のあるピッチングを見せたことだ。
 
 2点を先制した直後の2回表、菊池はカウント1−0からストライクを取りに行ったストレートを狙い打たれ左翼スタンドに放り込まれた。
 
 本人は失投であったことを認めているが、コースを狙うのではなく打者に対峙していっての結果は、その後のピッチングを正しい方へと向かわせた。
 
 もともと日本時代の菊池は、ストレートとスライダーで押すパワーピッチングが信条だった。縦割れのカーブやチェンジアップを持っているが、カウントが有利になった時に使うものでストレートとスライダーに頼る傾向があった。
 
 しかし、この日の菊池は積極的にストライクを狙いにいくメジャー仕様のスタイルでピッチングを組み立てた。ストレートを高めに投げることで、ファールや空振り、フライを狙う。さらには、試合展開や相手の狙いを見透かして、配球を変えていくという一面も見せたのである。

1 2 3