データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ひ孫の代まで養える? MLB高額年俸トップ5。全員30億円超、現役No.1は…【編集部フォーカス】

6月に入り、ワシントン・ナショナルズのブライス・ハーパー外野手の来季終了後の契約がMLB史上最高額の総額4億ドル(約446億円)クラスになる可能性があると報じられた。MLBの平均年俸は、毎年上がり続けており、『USAトゥデイ』によると、13年連続で上昇し、今季の選手の平均年俸は447万ドル(約5億円)となっている。

2017/06/26

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , ,



現役No.1年俸は…

 

 
クレイトン・カーショウ投手 ロサンゼルス・ドジャース
3300万ドル(約36.8億円)
 
 現役ナンバーワンの年俸はドジャースのカーショウだ。言わずと知れた球界のエースは2011年から2014年には4年で3回のサイ・ヤング賞を獲得。今季はすでに過去最高の被本塁打数だが、10勝と毎年と変わらぬ活躍を見せている。同じ年にメジャーデビューした黒田博樹氏と仲が良いのも有名だ。
 
2016年: 12勝4敗、防御率1.69、172三振
2017年: 11勝2敗、防御率2.47、123三振

1 2 3 4 5 6