データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





ひ孫の代まで養える? MLB高額年俸トップ5。全員30億円超、現役No.1は…【編集部フォーカス】

6月に入り、ワシントン・ナショナルズのブライス・ハーパー外野手の来季終了後の契約がMLB史上最高額の総額4億ドル(約446億円)クラスになる可能性があると報じられた。MLBの平均年俸は、毎年上がり続けており、『USAトゥデイ』によると、13年連続で上昇し、今季の選手の平均年俸は447万ドル(約5億円)となっている。

2017/06/26

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , ,



 今回は、NPBとは桁違いの高額年俸選手トップ5を『USAトゥデイ』のデータを基に紹介する。ちなみに今季の日本球界の最高年俸は推定5億円で、オリックス・バファローズの金子千尋投手、福岡ソフトバンクホークスのデニス・サファテ投手、そして埼玉西武ライオンズのエルネスト・メヒア内野手の3選手とされている。
 
 一方で、MLBで2000万ドル(22.3億円)以上の年俸をもらっている選手は37人いるなどすでに桁違いだ。

【次ページ】第4位

スポンサードリンク

1 2 3 4 5 6