データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、6回1失点の奮闘も勝敗付かず。指揮官が称賛「今日も勝つためのチャンスを与えてくれた。6回投げ切ったのは素晴らしい」【海外の反応】

2022/05/13

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,



大谷翔平最新情報

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は11日(日本時間12日)、本拠地タンバベイ・レイズ戦で「3番・投手兼指名打者(DH)」として投打同時出場。6回1失点の好投を見せたが、勝敗は付かなかった。エンゼルスを率いるジョー・マドン監督が称賛したと、米公式サイト『MLB.com』が報じている。
 

 
 初回を三者凡退に抑えた投手・大谷だったが、2回はケビン・キアマイアー外野手にソロ本塁打を浴びて先制を許してしまう。3回は制球が乱れて1死から連続四球でピンチを招く場面もあったが、ワンダー・フランコ内野手を左飛、崔志萬(チェ・ジマン)内野手から三振を奪い無失点で切り抜けた。

 大谷は6回を投げ切って降板。この日の投手・大谷は、6回(92球)を投げ、被安打2、被本塁打1、与四死球2、奪三振5、失点1の成績。防御率2.78、WHIP0.96となっている。エンゼルスは8回に同点に追いついたが、延長戦の末に敗れて連勝が3でストップした。
 
 マドン監督は大谷について「今日も勝つためのチャンスを与えてくれた。繰り返しになるが、彼のスケジュールは他の人たちとは少し違う。あのように6回も投げ切ったのは素晴らしいことだと思う。彼は問題ない。ただ、少しばかり人間らしくなったね。それだけの話だ」と語り、大谷の活躍を称賛している。



  • 記者募集