プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



【高校野球】甲子園とは無縁だったドラフト候補たち…地区別厳選7人

2022/08/17

text By

photo

産経新聞社



高校野球 最新情報

 ベスト8が出そろった第104回全国高等学校選手権大会。真夏の熱戦が繰り広げられる中、浅野翔吾(高松商)、山田陽翔(近江)、松尾汐恩(大阪桐蔭)らプロ注目選手がアピールを続けている。一方、高校3年間で甲子園を経験しなかったものの、今秋のドラフトで上位指名候補に挙がる選手も少なくない。今回は、甲子園の土を踏むことのできなかったプロ注目選手7人を、地区別に紹介する。

 

 

北海道 斉藤優汰(苫小牧中央)

 189センチ、88キロの体躯から速球を投げ下ろす最速151キロ右腕。ワインドアップで投げる姿がマウンドに映える本格派だ。2学年上で、苫小牧中央初のプロ野球選手となった根本悠楓(現・北海道日本ハムファイターズ)に続くプロ入りを目指す。 
 

 
 1年秋からベンチ入りし、2年秋には148キロを出しプロ注目選手として名前が挙がるようになった。3年春にはストレートの最速が150キロを超え、注目度がさらに上昇。この夏は準決勝で敗れたが、チームを11年ぶりの4強入りに導いた。
 
 今夏の南北海道大会は投手のレベルが高く、苫小牧中央以外の4強進出校にも森谷大誠(札幌大谷)、門別啓人(東海大札幌)、坂本拓己(知内)と実力者が揃っていた。北の大地からプロの世界に飛び込むのは誰か。注目が集まる。

1 2 3 4 5 6 7