データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




【MLB】田中将大に心強い援護? ヤンキース、キューバの大砲獲得か。元三冠王・カブレラを奨める声も

再建モードに入りながらも、最終盤までポストシーズン進出争いに絡んだヤンキース。しかし、ブライアン・キャッシュマンGMは大物選手の獲得に意欲を示している。

2016/11/23

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , ,



Houston Astros v New York Yankees

得点力アップに強打者の補強は急務

 2016年のヤンキースは、若手が大きく飛躍した年となった。高年俸の主力選手たちを放出し、多くの若手有望株を獲得。チーム内の新陳代謝が進み、フレッシュな顔ぶれが連日ラインナップに名を連ねた。

 若手主体のチーム構成は、エースの田中将大にも影響を及ぼしそうだ。
 今オフ、ヤンキースは田中の女房役でもあったブライアン・マッキャンをアストロズに放出。来季は、開幕からゲーリー・サンチェスが正捕手の座に就く。田中は新人王投票で2位に入ったスター候補生と共に、今後のシーズンを戦っていくこととなる。

 一連のヤンキースの動きは、目の前の勝利を諦めた『再建モード』に突入したかのように映る。しかし先日、ブライアン・キャッシュマンGMは、I’m going to be open-minded to what’s available(獲得できそうな選手がいれば、検討するつもりだ)とコメントしたように、FAやトレードによる大物選手の獲得を示唆。

『mlb.com』のブライアン・ホッチ記者も、ヤンキースが強打者ヨエニス・セスペデスと交渉中であると下記の様に報じている。

Cashman has also had contact with Cespedes’ agent, and expects that those conversations will continue now that the Yankees have added financial flexibility.
キャッシュマンはセスペデスの代理人とも接触している。(高年俸の選手を放出したため)資金面でも余裕が生まれ、交渉が前進することを期待されている。

 スラッガーの獲得は、田中にとって大きなプラスになる。
 2016年シーズン、ヤンキースのチーム得点数680はリーグ12位。特に複数の選手が守った一塁は穴となっており、ポジション別のOPSでは.673、長打率.380とパワー不足を露呈。是が非でも獲得し、田中をはじめとする先発投手陣を援護したいところだ。

【次ページ】カブレラに触手?

スポンサードリンク

1 2

shiro





@