データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



タグ:佐藤都志也

今シーズンの活躍が期待される選手は?――2020年12球団ブレイク候補選手【千葉ロッテ・野手編】

2020/06/29

 新型コロナウイルスの影響による公式戦日程延期を経て、6月19日に開幕を迎えたプロ野球。異例の幕開けとなった今シーズンは、「特別ルール」の適用も決定している。これにより、一軍登録枠は例年の29人から31人に拡張。この2枠の増加により、一軍を経験できる選手も増えてくるだろう。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!    そこで、今シーズンの活躍が期待される12球団ブレイク候補選手を紹介していきたい。今回は、千葉ロッテ・野手編。 【次ページ】強打を誇るドラ2捕手... 続きを見る


千葉ロッテ、佐々木朗希は球団新人5位の咀嚼力「興味深かった」 トップは育成2位の植田将太

2020/02/08

7人中5人が成人男性以上の数字「ガムを噛む機会を増やしていければ」  千葉ロッテマリーンズは7日、石垣島キャンプ第2クール2日目の練習後に新人7選手を対象に咀嚼能力(噛む力)チェック(咬合力測定)を行った。    結果はドラフト1位の佐々木朗希投手(大船渡高)が1027.4ニュートン、同2位の佐藤都志也捕手(東洋大)が1179.1、1ニュートン、同3位の高部瑛斗外野手(国士舘大)が1124.9ニュートン、同4位の横山陸人投手(専大松戸高)が1128.6ニュートン、同5位の福田光輝内野手(法政大)が518.8ニュートンとなっている。    また、育成ドラフト1位の本前郁也投手 ... 続きを見る


千葉ロッテ、新人選手7人の背番号を発表 佐々木朗希は「17」、佐藤都志也は「32」に決定

2019/12/09

 千葉ロッテマリーンズは9日、新入団選手の背番号が決定したと発表した。    ドラフト1位指名を受けた、“令和の怪物”佐々木朗希投手は「17」に決定。佐藤都志也捕手が「32」、高部瑛斗外野手は「38」、横山陸人投手は「60」、福田光輝内野手は「40」となる。また、育成契約の本前郁也投手は「120」、植田将太捕手は「125」に決まった。... 続きを見る





  • 記者募集