データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



タグ:チャイニーズ・タイペイ代表

ロッテ、台湾代表との強化試合スタメン発表!先発・佐々木、4番・井上で連勝狙う

2017/11/11

 千葉ロッテマリーンズは、11日に台湾・桃園国際球場で行われる「2017アジアプロ野球チャンピオンシップ~チャイニーズ・タイペイ強化試合」のスタメンを発表した。    昨日の試合では初陣ながら見事に初勝利を手にした井口資仁新監督。今日は昨年のドラ1・佐々木が先発し、4番には昨日の試合で活躍を見せた井上が再び座る。   井口監督は球団を通し「初戦では秋季練習、キャンプと取り組んできたことが出来ている。次の塁を狙うという積極的な走塁も見せてくれた。あと2試合も勝ちたい」と話した。    また、この試合の模様はパ・リーグ公式動画配信サービス「パ・リーグTV」にて日本国内 ... 続きを見る


井口新監督初陣!ロッテが台湾代表との強化試合スタメン発表

2017/11/10

 千葉ロッテマリーンズは、10日に台湾・桃園国際球場で行われる「2017アジアプロ野球チャンピオンシップ~チャイニーズ・タイペイ強化試合」のスタメンを発表した。    この試合は井口資仁監督の初陣となり、今季チームトップの7勝をマークした22歳右腕・二木康太が先発する。    井口監督は球団を通して「新チームとなって、このような形で試合が出来るのはとてもありがたいです。キャンプでかなり厳しい練習をしてきました。その成果をしっかりと出したいと思っています。侍ジャパンで2人抜けてはいますがほぼベストメンバーで挑むので、楽しみです」とコメントを残している。     台湾 ... 続きを見る


WBCで全敗、台湾野球なぜ弱体化? 合わない収支と天下り、悲しき“公務員野球”の末路

2017/03/20

WBCで全敗に終わった台湾代表。野球強豪国であるはずが、まったく元気なく敗れた背景には何があるのか。日本とソウル、両方の会場で取材した台湾人記者は現状を嘆いている。そこには試合以前の問題は存在していた。台湾野球の弱体化を招いた分裂騒動を追う。... 続きを見る


台湾代表、10回に力尽きる…。韓国代表は最終戦の1勝で何とか次大会の予選免除へ

2017/03/09

チャイニーズ・タイペイ 8-11 韓国    ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)のプールA第1ラウンドの韓国対チャイニーズ・タイペイの試合が、9日に韓国・高尺スカイドームで行われた。    韓国とチャイニーズ・タイペイは既に1次ラウンド敗退が決まっているが、グループ3位以内に入ることで次回のWBCでは予選免除となるため、共に0勝2敗で同率3位の両国にとって非常に重要な一戦となっていた。    韓国代表は、2試合で無安打だった3番キム・テギュンが体調不良でスタメン落ち、1番だったイ・ヨンギュが2番へ移るなど、打線を入れ替えて試合に臨むことになった。 &nb ... 続きを見る


遂に目覚めた韓国打線、2回終了で3点リード。台湾はチェンが負傷降板

2017/03/09

チャイニーズ・タイペイ 3-6 韓国(2回終了時点)    ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)のプールA第1ラウンドの韓国対チャイニーズ・タイペイの試合が9日、韓国・高尺スカイドームで行われている。    チャイニーズ・タイペイの先発は千葉ロッテ所属のチェン・グァンユウ、韓国先発はヤン・ヒョンジョンで試合は始まった。    初回、韓国はパク・ソクミンの適時打で1点を先制。その裏にはヤン・ヒョンジョンが台湾打線を三者連続三振に斬る最高の立ち上がりを見せる。    そして2回表の途中、チャイニーズ・タイペイ先発のチェン・グァンユウが負傷降板のアクシ ... 続きを見る


台湾先発・チェンが負傷降板。2番手・カクは18球で降板

2017/03/09

 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)プールA、チャイニーズ・タイペイ対韓国の試合が9日、韓国・高尺スカイドームで行われている。    2回途中、チャイニーズ・タイペイ先発のチェン・グァンユウが負傷降板のアクシデントに見舞われた。中指を痛めたと見られており、チェンは1回1/3、被安打4、3奪三振、3失点の内容でマウンドを降りた。    チェンの降板を受け、西武ライオンズのカク・シュンリンがスクランブル登板しているが、韓国打線の猛攻を許してしまい、1/3回18球で降板している。... 続きを見る


オランダ、台湾との死闘制す。韓国と台湾は1次R敗退決定

2017/03/08

 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)1次ラウンドプールA、オランダ対チャイニーズ・タイペイの対戦が韓国・高尺スカイドームで行われた。    試合の結果は、オランダ代表が9回裏にサヨナラ押し出し四球でチャイニーズ・タイペイに勝利した。    この結果を受け、全チーム残り1試合でオランダとイスラエルが2勝0敗、韓国・チャイニーズ・タイペイは0勝2敗となったため、オランダ・イスラエルの2次ラウンド進出と、韓国・チャイニーズ・タイペイの1次ラウンド敗退が決まった。    なお、9日にはイスラエル対オランダ、チャイニーズ・タイペイ対韓国の試合が予定されており、最終 ... 続きを見る


2次R進出へあとがない台湾代表。リードを守り、望みつなぐか

2017/03/08

 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)プールAのオランダ代表対チャイニーズ・タイペイ代表戦が8日、韓国・高尺スカイドームで行われている。    この試合で台湾代表が敗れると、全チーム残り1試合でオランダ・イスラエルが2勝0敗、韓国・台湾が0勝2敗となり、1次ラウンド突破国が決まることになるため、重要な一戦となっている。    負けたら終わりの一戦で、7日、イスラエルに悪夢のような大敗を喫したチャイニーズ・タイペイが意地を見せて続けている。    5回終了時点で5-4と台湾がリードも、両軍一歩も譲らない好勝負を展開している。    試合は2回に動き ... 続きを見る


“ユダヤ野球”が伝統国を駆逐する――。進撃のイスラエルと発展しない台湾の悲哀

2017/03/08

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で韓国、台湾を下し、2次R進出を確実のものとしたイスラエル。隠れた実力者は多かったものの、チーム練習であまりできない中で、高い組織力を発揮したことは特筆すべきことだ。ソウルでの試合を追っていた台湾人記者は、快進撃のイスラエルと自国の体たらくを比較し、複雑な感情を抱いている。... 続きを見る


イスラエル代表、台湾代表を圧倒中!5回までに11安打を集め6対0でリード

2017/03/07

 WBCプールAの1次ラウンド、チャイニーズ・タイペイ代表対イスラエル代表が、7日にソウルの高尺スカイドームで行われ、5回終了時点でイスラエルがチャイニーズ・タイペイを6対0でリードをしている。    チャイニーズ・タイペイ代表の先発は埼玉西武ライオンズ所属のカク・シュンリン、イスラエル代表の先発はコリー・ベイカーで試合が始まった。    試合は初回から動く。1番・サム・フルド、2番・タイ・ケリーが連打で無死二三塁とすると、3番の12年にメッツで32発を放ったアイク・デービスが初球を右翼線に運び、わずか9球で2点を先制。その後も攻撃は止まらずに、初回に6本の安打を集めて、4 ... 続きを見る


イスラエル代表、初回に4点先制!西武のカク・シュンリンをノックアウト

2017/03/07

 WBCプールAの1次ラウンド、チャイニーズ・タイペイ代表対イスラエル代表が、7日にソウルの高尺スカイドームで行われているが、初回からイスラエル代表の攻撃が止まらない。     チャイニーズ・タイペイ代表の先発は埼玉西武ライオンズ所属のカク・シュンリン。2015年に17試合に先発し、3勝を挙げた右腕だ。    試合は初回から動く。1番・サム・フルド、2番・タイ・ケリーが連打で無死二三塁とすると、3番のMLBで12年に32発を放っているアイク・デービスが初球を右翼線に運び、わずか9球で2点を先制。    その後も攻撃は止まらずに、4番・ネイト・フレイマン、6番・ライ ... 続きを見る


【WBC2017】各プールの順位表

2017/03/06

プールA 高尺スカイドーム 勝 分 負 得点 失点 イスラエル 3 0 0 21 10 オランダ 2 0 1 13 9 韓国 1 0 2 12 15 チャイニーズ・タイペイ 0 0 3 20 32   ※イスラエル、オランダが2次ラウンドに進出   【次ページ】プール... 続きを見る