データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



セイバーメトリクスの視点で見るNPB歴代最強打者ランキング ~21位-30位~

2021/03/05

text By

photo

DELTA・道作

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 昨年の5月から「セイバーメトリクスの視点から過去の打撃ベスト10を振り返ろう」の企画では、各年度の打撃10傑を取り上げきた。すでに1936年から2020年まで、日本プロ野球の歴史を貫通させている。ただ企画はこれで終わらない。ここではランキングに使用した指標wRAA(※1)を選手ごとに合算し、日本プロ野球オールタイムの最強打者ランキングベスト50をカウントアップ方式で紹介していく。
 

 
 またランキングはシーズン合算で行っているため、日本で長く現役生活を送った選手が有利となる。現役選手や、キャリアの中でMLB挑戦を試みた選手、外国人選手にとっては不利なランキングだ。そこで短期間に集中した残された実績、全盛期の活躍を評価するため、各選手のキャリアベスト5年、ベスト10年で見た場合のwRAAも併記した。歴史的名選手の最盛期のピークがどれだけ高いものだったのかも、通算ランキングとあわせて楽しんでほしい。
 
(※1)wRAA:リーグ平均レベル(0)の打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標。優れた成績で多くの打席をこなすことで値は大きくなる。データ算出は筆者。
 

 

怪童・中西太は「太く短いキャリア」で23位に

 21位から30位を占めるメンバーは1940年代から現役の選手まで、広い年代に散ばることとなった。長きにわたって平均以上の活躍をした土井正博のような打者もいれば、短期間に集中して圧倒的な打棒を見せた中西太のようなタイプもいる。また打者の左右もちょうど5人ずつと、バラエティ豊かな顔ぶれになっている。

 21位の土井は近鉄や西武で活躍した選手だ。単年で見た場合、wRAAで一度もリーグ首位にはなっていない。何度かのチャンスは張本勲や加藤秀司らに阻まれた。しかしwRAAで20点以上のシーズンが11回あるなど、長期間にわたって所属チームに利得をもたらし続けた。1961年に入団し、1963年にはすでにオールスターに出場。その後も強打者として鳴らしたが、所属した近鉄、太平洋、クラウンライター、西武では優勝に縁がなかった。1969年には、シーズン最終4連戦で逆転を食らい2位に終わった。引退の翌年にチームが優勝するなどの間の悪さもあり、日本シリーズを経験することはなかった。
 
 22位には中日、ロッテなどで活躍した江藤慎一がランクイン。実は筆者が少年時代にファンだった選手だ。王貞治の三冠王を2度阻止したことで知られている。打撃三冠の獲得は首位打者3回だけとなっているが、巧打者というイメージはまったくない。速い打球速度ゆえにヒットになるような打球が多かった。これは張本勲も同様である。
 
 江藤は全球団から本塁打を放った第1号の選手であるが、引退は交流戦がはじまる30年近く前である。当時はどちらのリーグでも少なくとも2球団に在籍しなければ絶対に達成できないので、レア記録であったのも無理はない。1962-1968年には7年連続wRAA30以上を記録している。所属していた中日でこの記録を超えた選手は、2020年現在生まれていない。
 
 23位には西鉄で活躍した中西太がランクイン。中西は短期間に圧倒的な実績を残した選手である。フル出場はわずか7シーズンにもかかわらず、さまざまな逸話に彩られた伝説的プレーヤーである。ただwRAAのような総合指標よりも、クラシックスタッツである打撃三冠で見たほうが傑出は際立っている。ライバル関係にある山内一弘との比較で、共に中心選手だった1954-1958年の5年間、中西は打撃タイトルを8回獲得し、wRAA257.3。山内は打撃タイトル獲得3回ながら、wRAAは中西を上回る263.5と、面白いコントラストを見せている。ベスト5シーズンのトータルでは歴代11位を記録した。
 

ついに現役最強打者・柳田悠岐がランクイン。今後のトップ3入りも

 24位の加藤秀司は福本豊、山田久志と並ぶ、1970年代阪急黄金期の中心選手である。特にこの黄金期の後期に力を発揮し、1975年からの5年間は、最多塁打3回、最高出塁率3回、最高長打率1回、wRAAリーグ首位3回など、リーグの顔と呼べる存在であった。wRAAの首位3回は、この時点で中西・山内・張本に続くパ・リーグ史上4人目の快挙であった。

 25位の柳田悠岐はこの通算wRAAで最初に紹介する現役プレーヤーである。2015年以降の年度別記事で取り上げた際に繰り返し触れたが、今後通算でトップ3に入る可能性を秘めた打者である。通算ではなく数シーズンの傑出で見た場合、すでに歴代の強打者と肩を並べており、ベスト5シーズンの合計では現時点で歴代5位。2020年の成績をもう一度クリアできれば、ベスト5シーズンの合計は308.9となり、これは落合博満を上回って歴代3位となる。高い出塁率をキープした上で、フライボールを生産する現代風の強打者である。中堅を守る守備力は、守備指標UZR(※2)で見た場合、平均を下回る時期が続いたが、近年は改善が見られている。
 
 26位の大下弘は東急や西鉄で活躍した戦後の打者である。大下は数多く本塁打を放つスタイルのエポックメーカーとして名高い。戦前において2桁本塁打はNPB全体で2度記録されただけ。大下が1946年に20本塁打を放ち、新しい歴史の幕を開いたことはすでに有名な逸話である。健康維持が難しい時代だったこと、またデビューが同時代のライバルに比べやや遅かったためにキャリアが長くは続かず、この順位にとどまった。1951年には1打席あたりの得点貢献を表すwOBA(※3)で.494を記録。これは1973年に王が超えるまでの日本記録であった。また同年の打率.383も1970年に張本が超えるまでの日本記録であるなど、短い期間での爆発力が際立っていた。ちなみに大下は四球をあまりとらないタイプの打者であった。
 

阿部慎之助、福留孝介と近年の選手がベスト30入り

 27位には2019年に現役を引退した阿部慎之助がランクイン。打撃三冠においては目立たないながら、wRAAの場合その真価が見てとれる。最高長打率が3回、最高OPSが2回はともに捕手として唯一の記録である。キャリア全体で、特に長打力に優れた才能を発揮したが、低反発球が採用された2011-2012年には出塁力でも素晴らしい成績を残した。これを見るに飛ばないボールの方を得意としていた可能性がある。現代野球で捕手にこのような強打者を配備することは難しい。捕手のポジションで他チームに大きく差をつけることのできた読売は、2010年前後に黄金期を築くことに成功している。

 28位の大杉勝男は東映やヤクルトで、一貫してパワー系のスラッガーとして活躍した選手だ。1974年まで10年を過ごした東映・日拓・日本ハム在籍時がwRAAで見た場合の全盛期であるが、移籍後にヤクルトで初めて優勝を経験。wRAAのリーグ首位はなかったが、最高長打率を1回、本塁打王・打点王を2回記録した。ちなみに飯島滋弥コーチから「月に向かって打て」という指導を受け開眼した逸話が知られている。近年アメリカでは、データ解析の結果、一定の打球速度・打球角度を満たした打球「バレル」を狙う打撃が推奨されている。飯島の言葉はバレルを狙う現代的な打撃の先駆けのように思える。
 
 29位の小鶴誠は1940-50年代にかけて活躍した161打点のシーズン打点記録保持者である。小鶴については、17位で紹介した藤村富美男と同様に、1949-1950年の飛びぬけた数字が光る。この2年間のwRAAで藤村は133.9、小鶴は135.0をマーク。ラビットボール使用の2年間とあってそれまでとはステージが変わるほどの打棒を見せた。1950年のwRAA80.9は当時の歴代最高記録であり、王によって1964年に更新されるまで残った。飛ぶボールを得意としたようで、翌年以降は成績が低下するが、その後も目立たないながらwRAA20点レベルのプラスを記録している。
 
 30位は2021年現在、現役の福留孝介である。最盛期になると思われた5年間をMLBで過ごしたため日本国内での数字は30位に留まっている。ただ渡米前の数字は極めて高く、規定打席未到達のシーズンはあったものの、6年連続でwOBAは4割を超えていた。日本に残りこの頃の打撃を継続していた場合は通算で500点を大きく超えていたことになる。11位-20位を紹介した前回の記事でも記載したが、NPBを取り巻く周辺環境の変化により、通算成績で上位にランクインする選手は少なくなった。そのタイプの一人がこの福留である。現代の選手とMLB行きが選択肢として存在していなかった時代の選手では、通算成績の意味合いが変わってきている。
 
(※2)UZR(Ultimate Zone Rating):同じイニングを守った平均的な同ポジション選手と比較して失点をどれだけ防いだかを表す守備指標。
(※3)wOBA(weighted On-Base Average):1打席あたりの打撃貢献を総合的に評価する指標。
 
DELTA・道作
 
 
DELTA@Deltagraphshttp://deltagraphs.co.jp/
 2011年設立。セイバーメトリクスを用いた分析を得意とするアナリストによる組織。書籍『プロ野球を統計学と客観分析で考える デルタ・ベースボール・リポート1~3』(水曜社刊)、電子書籍『セイバーメトリクス・マガジン1・2』(DELTA刊)、メールマガジン『1.02 Weekly Report』などを通じ野球界への提言を行っている。集計・算出した守備指標UZRや総合評価指標WARなどのスタッツ、アナリストによる分析記事を公開する『1.02 Essence of Baseball』(https://1point02.jp/)も運営する。
 
歴代通算ランキング/年度別一覧に戻る






  • 記者募集