データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



日本プロ野球がスタート。わずか2本塁打の藤村富美男が本塁打王に セイバーメトリクスの視点で過去の打撃ベスト10を振り返ろう ~1936-37年編~

2021/01/30

text By

photo

Getty Images, DELTA・道作

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 本企画はNPB過去年度の打撃ベスト10を眺め、往事の野球を今の視点から振り返り楽しんでもらおうというものだ。ただベスト10は従来の打率ではなく、セイバーメトリクスにおける総合打撃指標wRAA(※1)を採用する。これはリーグ平均レベルの打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標だ。この視点で振り返ることで、実は過小評価されていた打者がわかるということもあるかもしれない。
 

 
 前回、2020年のランキングを取り上げ、戦後からはじまった本企画を現在まで貫通することができた。ここからはスタート地点となった戦後からさらに遡り、戦前のシーズンを取り上げる。日本プロ野球がスタートしたのは1936年。ただ1936年春のシーズンは全チームが揃っていない、優勝チームを決めないなど、ペナントレースといえるものではなかった。本格的にペナントレースがはじまったのは1936年秋。このシーズンから本企画を再開したい。
 

1936年秋のNPB

 

 
 この年ついに日本プロ野球にて常設のリーグ戦が開催されることとなった。当時は「職業野球」に限らずプロのスポーツ選手といったものの社会的ステータスは低かった。いつなくなってもおかしくない団体への就職を望むものが少ないことは現在に置き換えても想像できるだろう。しかしこのときの職業野球では望外の優れたメンバーを集められている。日本プロ野球が80年以上も継続できたのは、この最初期から優れたメンバーを揃えられたからなのかもしれない。
 
 秋季リーグ戦においてランキング首位を獲得したのは阪急の山下好一(阪急)である。リーグ1位の出塁率.459を記録するなど、特に出塁面で優れた成績を残した。同じ阪急、同じ慶應義塾大学出身、同じ山下姓の山下実が本塁打王を獲得しての3位。巨人・大阪・阪急の3チームは選手獲得能力が図抜けていたようで、勝敗や得失点差で見ても他球団とかなりの格差が表れている。
 
 2位の中根之(名古屋)は打率.376で首位打者を獲得。史上3人しかいない本塁打0での首位打者である。打率のほかにも、長打率.462、1打席あたりの得点貢献を表すwOBA(※3)で.407を記録しリーグをリードしたが、チームの試合数の少なさもあり、打席数が伸びずwRAAは2位に留まった。
 
 大阪からは藤井勇、小川年安、小島利男がランクイン。景浦將や松木謙治郎あたりの方が馴染みのある名前かもしれないが、彼らが打者として活躍するのは翌年以降で、まだランキングに入っていない。大阪は初年度からレギュラーのほとんどが他球団を圧倒する打撃能力を見せた。
 
 ベスト10圏外の注目選手では、大阪の藤村富美男を取り上げる。藤村は山下実・古谷倉之助と並ぶ2本塁打を放ち本塁打王となったが、規定打席には到達していない。一方で投手として規定投球回には到達している。古谷は投打ともに規定に到達した。「本塁打0での首位打者」、「規定未到達での本塁打王」、「二刀流の本塁打王」というNPB史上でもレアな3つの記録が初年度に同時に出現していたことになる。この年は各球団シーズン30試合前後の開催。試合数が少なければ少ないほど、変わった記録の発生する余地は大きい。
 
 ほかには創生期のレジェンド・景浦に注目したい。打撃では、規定打席に到達してランキング14位という結果だったが、投手としても規定投球回に達し、最優秀防御率を獲得。NPB第1号の最優秀防御率投手も二刀流であった。投手と野手が明確に分かれていたわけではない事情を象徴する結果である。
 
 リーグ全体の成績を見ると、出塁率が長打率より4分も高いという現代では考えられない逆転現象がみられている。昨今の常識とは異なる野球が展開されていた様子がうかがえる。
 

1937年春のNPB

チーム   試合 勝率 得点 失点 得失点
巨人    56 .759 260 132  128
大阪    56 .745 333 161  172
セネタース 56 .536 206 192  14
阪急    56 .519 262 218  44
金鯱    56 .455 217 234  -17
大東京   56 .404 202 289  -87
名古屋   56 .375 210 311  -101
イーグルス 56 .214 188 341  -153
 

 
 大阪タイガースの初代主将・松木が、表内に記載した打撃スタッツでは、打点以外すべてで首位に立っている。打力は確実性と長打力を兼ね備え、盗塁も同チームの山口政信に次ぐ24をマーク。173cm79㎏と当時としては極めて恵まれた体格もあわせて考えると、身体能力の高い選手だったのだろう。
 
 この年の大阪は松木・景浦・山口でトップ3を独占。ほかのラインアップも強力で、チーム得点333点は得点2位の阪急を71点突き放す他球団とは一線を画した打線となっている。2位の景浦は、松木を超える21本で最多長打をマークするとともに47打点で打点王を獲得。3位の山口は29盗塁で盗塁王を獲得したスピードスターであったが、60四球で最多四球を記録する出塁に秀でた打者であった。
 
 5位の山下、7位の中根之(イーグルス)、9位の藤井は前シーズンに続くランクイン。うち山下は次シーズンまで継続してベスト10入りすることになる。
 
 投打ともに規定をクリアした二刀流選手は1937年春が7名、秋は2名で、この中には景浦、藤村といったスラッガーも含まれている。この頃の投手は特別な選手というより9つあるポジションの1つで、「打てないのが当然」といった風潮はずっと後になってできたものである。景浦や藤村を野手に分類してもなお「投手全体の打撃成績」が「野手・捕手全体の打撃成績」より優れている逆転現象のシーズンも見られる。
 
 ベスト10圏外の注目選手では門前眞佐人(大阪)に注目。このシーズンはwRAAでマイナスを記録したが、このあと長年に渡り捕手として活躍。引退は入団から21年後のことであった。地味ながら意外な長打力で、128試合出場した1950年に長打率.513を記録するなど、試合数の多いシーズンに高い長打率を記録した。このシーズンも15二塁打がリーグ最多。1950年には25本塁打を記録するなどして、捕手として1000試合出場を記録した。
 

1937年秋のNPB

チーム    試合 勝率 得点 失点 得失点
大阪     49 .813 293 138  155
巨人     48 .625 259 151  108
イーグルス  49 .596 253 218  35
金鯱     49 .479 216 223  -7
セネタース  48 .426 175 228  -53
ライオン   49 .396 219 284  -65
阪急     49 .370 187 242  -55
名古屋    49 .283 141 259  -118
 

 
 1937年秋シーズンは、イーグルスの高橋吉雄が23.1と最大のwRAAをマークした。.305の高打率をマークしたほか、得点43、本塁打6でもリーグをリード。高橋はハワイ出身の日系二世選手で、リーグ創設にあわせて来日した。遊撃と二塁を中心に守る選手で、このシーズンは二塁手としての出場が最も多かった。そもそも二塁手は本塁打王の生まれにくいポジションであるため、この次の二塁手での本塁打王となるとこの45年後、1982年の落合博満(当時ロッテ)まで時代が進む。
 
 2番手には前シーズンに続いて景浦がランクイン。景浦は打率.333で首位打者を獲得したばかりではなく、出塁率.515、長打率.542でもリーグ1位。wOBAにおいても他の打者を圧倒する1位であったので、このシーズン打席に迎えて最も危険な打者は景浦であったことになる。しかし欠場が多く、打席数が多いほど有利になる積み上げ指標であるwRAAでは高橋に一歩を譲る形となった。試合数が少なく極端な成績が出やすいこと、健康状態を維持するのが難しい時代だったこと、人員が定着しにくい環境などがあって、ベスト10が安定しないのは致し方ないところだ。そんな中、3位の山下好一は3シーズン続けてのベスト5入りとなった。今では名を知る人も少ないだろうが創生期を代表する打者の1人である。
 
 10位にランクインしたハリス(イーグルス)は、選手不足の解消と技術向上のためアメリカから招聘された捕手である。1位の高橋に限らず外国籍選手もリーグ存続に欠かせない人材であった。ハリスはボールを持った守備者に対して、ボールが変なので見せろなどと声をかけ、トスしてもらったボールを寸前でかわして転々と転がる間に次の塁を奪うなどといったプレーも見せたようだ。同様のプレーは20世紀初頭にタイ・カッブが行ったとされている。情報の伝播が遅い時代とあって、20世紀中盤になっても引っかかる人はいた。もしかするとこうしたプレーを狡猾と感じる読者もいるかもしれないが、当時は頭脳的と評価されていたようだ。ハリスは翌年も活躍するが、日米間の関係悪化に伴い帰国することになる。
 
 ベスト10圏外の選手は中島治康(巨人)。.331とやや低めの出塁率ながら、長打力を発揮して長打率は.446を記録。wRAAでは20位に留まったものの、37打点で打点王を獲得している。
 
(※1)wRAA:リーグ平均レベル(0)の打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標。優れた成績で多くの打席をこなすことで値は大きくなる。
(※2)勝利換算:得点の単位で表されているwRAAをセイバーメトリクスの手法で勝利の単位に換算したもの。1勝に必要な得点数は、10×√(両チームのイニングあたりの得点)で求められる。
(※3)wOBA(weighted On-Base Average):1打席あたりの打撃貢献を総合的に評価する指標。
(※4)平均比:リーグ平均に比べwOBAがどれだけ優れているか、比で表したもの。
 
DELTA・道作
 
DELTA@Deltagraphshttp://deltagraphs.co.jp/
 2011年設立。セイバーメトリクスを用いた分析を得意とするアナリストによる組織。書籍『プロ野球を統計学と客観分析で考える デルタ・ベースボール・リポート1~3』(水曜社刊)、電子書籍『セイバーメトリクス・マガジン1・2』(DELTA刊)、メールマガジン『1.02 Weekly Report』などを通じ野球界への提言を行っている。集計・算出した守備指標UZRや総合評価指標WARなどのスタッツ、アナリストによる分析記事を公開する『1.02 Essence of Baseball』(https://1point02.jp/)も運営する。
 
年度別一覧に戻る






  • 記者募集