プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



日本プロ野球がスタート。わずか2本塁打の藤村富美男が本塁打王に セイバーメトリクスの視点で過去の打撃ベスト10を振り返ろう ~1936-37年編~

2021/01/30

text By

photo

Getty Images, DELTA・道作



 本企画はNPB過去年度の打撃ベスト10を眺め、往事の野球を今の視点から振り返り楽しんでもらおうというものだ。ただベスト10は従来の打率ではなく、セイバーメトリクスにおける総合打撃指標wRAA(※1)を採用する。これはリーグ平均レベルの打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標だ。この視点で振り返ることで、実は過小評価されていた打者がわかるということもあるかもしれない。
 

 
 前回、2020年のランキングを取り上げ、戦後からはじまった本企画を現在まで貫通することができた。ここからはスタート地点となった戦後からさらに遡り、戦前のシーズンを取り上げる。日本プロ野球がスタートしたのは1936年。ただ1936年春のシーズンは全チームが揃っていない、優勝チームを決めないなど、ペナントレースといえるものではなかった。本格的にペナントレースがはじまったのは1936年秋。このシーズンから本企画を再開したい。
 

1 2 3 4