データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ブライアント、クロマティの両外国人選手がセパの話題を独占 セイバーメトリクスの視点で過去の打撃ベスト10を振り返ろう ~1989年編~

2020/09/19

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 本企画はNPB過去年度の打撃ベスト10を眺め、往事の野球を今の視点から振り返り楽しんでもらおうというものだ。ただベスト10は従来の打率ではなく、セイバーメトリクスにおける総合打撃指標wRAA(※1)を採用する。これはリーグ平均レベルの打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標だ。この視点で振り返ることで、実は過小評価されていた打者がわかるということもあるかもしれない。
 

1989年のパ・リーグ

チーム   試合 勝率 得点 失点 得失点
近鉄    130 .568 606 558  48
オリックス 130 .567 665 616  49
西武    130 .566 644 543  101
ダイエー  130 .480 610 678  -68
日本ハム  130 .425 527 571  -44
ロッテ   130 .393 558 644  -86
 

 
 南海がダイエー、阪急がオリックスへと、2チームの名称が変わり新たな時代の開始となった。このシーズンのwRAAランキング第1位は清原和博(西武)。清原はこの頃から打撃三冠の数字は伸びないタイプであった。この時点で「そろそろタイトルを獲れないと…」という話は出ていたが、高卒プロ入りから4年目の1位なので、理想とまでは言えないもののこの時点では順調なキャリアである。
 
 2位ラルフ・ブライアント(近鉄)は49本塁打を放ち、本塁打王と最高長打率を記録。優勝を争う西武戦の4打数連続本塁打はあまりにも鮮烈であった。また1打席あたりの得点貢献を示すwOBA(※3)が、リーグ最高だったのはランキング3位の門田博光(オリックス)であった。門田は欠場もあったうえ無冠に終わったため目立たなかったが、実はこの年、打席で最も怖い打者だった。
 
 ほかに4位のブーマー(オリックス)は打率.322、124打点で首位打者と打点王を獲得。6位の秋山幸二(西武)はトリプルスリーを達成。7位の松永浩美(オリックス)は.431で最高出塁率を獲得と、好成績を残した打者が多く、表彰タイトルが散らばった。ベスト10もスラッガー揃い。この年のペナントレースは最終戦で近鉄の優勝が決まる劇的な決着となったが、それだけではなくこうしたランキングを客観的に見ても興味深いものであった。
 
 チームに目を移そう。得失点差の面を見ると、優勝した近鉄が48、2位オリックスが49にもかかわらず、3位の西武が101。得点を多く奪い、失点を減らすことを能力と捉えるならば西武が最強であったらしい。近鉄、オリックスはピタゴラス勝率(得失点差から推定される妥当な勝率)から予想されるよりも多くの勝利を得ていることが西武にとっての不運であった。上位3チームはそれぞれ勝率1厘差である。一つ変われば身売りされたばかりの球団が優勝しているところで、それはそれで大きなニュースになったと思われる。
 
 ベスト10圏外選手では西武のデストラーデを取り上げる。359打席292打数で32本塁打を放ち、田淵幸一(当時西武)、ボブ・ホーナー(ヤクルト)、ブライアントに次ぐ4人目の規定打席未満での30本塁打に到達した。長打率.627は2位相当。wOBAは.418で3位相当の強打を見せた。
 
 なお、この年のデストラーデは長打が44本に対し、単打が31本で13本長打の方が多かった。長打が単打の数を上回ることは珍しく、何度かこの企画でも取り上げている。デストラーデは規定未満ではあるが、1952年に杉山悟(名古屋)がマークした長打超過12本という当時のNPB記録を上回っていた。

1989年のセ・リーグ

チーム  試合 勝率 得点 失点 得失点
読売   130 .656 520 358  162
広島   130 .589 510 431  79
中日   130 .535 538 524  14
ヤクルト 130 .433 507 559  -52
阪神   130 .419 497 580  -83
横浜大洋 130 .370 474 594  -120
 

 
 この年も落合博満(中日)がリーグトップのwRAA49.8をマーク。表彰タイトルは116打点で獲得した打点王だけであったが、セイバーメトリクス系の数字はトップをキープしている。このシーズンはベスト10に欠場の嵩んだ選手が多かった。そんな中、落合が全試合出場したことも数字の積み上げに寄与している。
 
 両リーグとも優勝チームの外国人選手がシーズン中の話題を独占した年である。セ・リーグの話題を独占したのがクロマティ(読売)であった。この年、開幕から打撃好調だったクロマティは96試合目に規定打席に到達した上で4割をキープするという快挙を達成。その後は数字を落とし最終的には打率.378となったが、首位打者のほか、.449で最高出塁率を獲得している。wRAAで見た場合、41.9で落合に次ぐ2位だった。
 
 3位は阪神のセシル・フィルダーである。ある試合で、フィルダーは自分の三振に怒りバットを叩きつけたが、そのリバウンドが自分の指を直撃して負傷。106試合の出場で帰国となった。ただこの出場数で本塁打トップのパリッシュに4本差の38本塁打。そのまま出場しつづけていれば、本塁打王が有望な状態であったので、負傷は余計に残念に感じる。長打率.628は落合を抑えてリーグ1位であった。
 
 フィルダーは帰国後、アメリカン・リーグで2年連続本塁打王、3年連続打点王を獲得する活躍を見せた。さらに息子のプリンスまでがMLBのスターとなっている。実はフィルダーは、阪神入団前にすでにMLBでも強打者となりうる予兆は見せていた。所属していたのが一塁・DHの強力なブルージェイズでなければ出場機会に恵まれ、日本に来ることはなかったかもしれない。
 
 チームに目を移すと、各球団の得点力に大きな差はない。ベスト10に3人を送り込んだトップの中日で538点、最少の横浜大洋で474点と差はわずかであった。得点力にはほとんど差がなく、結局は投手力で優勝の行方が決まっている。読売の投手力は歴史的なもので、358失点は1971年大洋以来の少なさであった。
 
 ベスト10圏外での注目選手は西田真二(広島)。プロ入り以後代打を専業としていたが、この年は規定打席の半分程度の出場機会を得て、前兆なく爆発的な打棒を示した。広島外野陣にやや選手が過剰であったこともあるが、完全なプラトーン要員だったわけでもなく、中途半端な起用になっている。一般的にはこのように突然好成績を残した打者は、翌年は成績を下げることがほとんどである。しかし、西田の場合この翌年の1990年も同じような起用で、さらに良い成績を残している。非常に奇妙な例である。
 
(※1)wRAA:リーグ平均レベル(0)の打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標。優れた成績で多くの打席をこなすことで値は大きくなる。
(※2)勝利換算:得点の単位で表されているwRAAをセイバーメトリクスの手法で勝利の単位に換算したもの。1勝に必要な得点数は、10×√(両チームのイニングあたりの得点)で求められる。
(※3)wOBA(weighted On-Base Average):1打席あたりの打撃貢献を総合的に評価する指標。
(※4)平均比:リーグ平均に比べwOBAがどれだけ優れているか、比で表したもの。
 
DELTA・道作
 
DELTA@Deltagraphshttp://deltagraphs.co.jp/
 2011年設立。セイバーメトリクスを用いた分析を得意とするアナリストによる組織。書籍『プロ野球を統計学と客観分析で考える デルタ・ベースボール・リポート1~3』(水曜社刊)、電子書籍『セイバーメトリクス・マガジン1・2』(DELTA刊)、メールマガジン『1.02 Weekly Report』などを通じ野球界への提言を行っている。集計・算出した守備指標UZRや総合評価指標WARなどのスタッツ、アナリストによる分析記事を公開する『1.02 Essence of Baseball』(https://1point02.jp/)も運営する。
 
年度別一覧に戻る



  • 記者募集