データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



規格外の新人・清原和博が3割30本を達成 セイバーメトリクスの視点で過去の打撃ベスト10を振り返ろう ~1986年編~

2020/09/10

text By

photo

Getty Images, DELTA・道作

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 本企画はNPB過去年度の打撃ベスト10を眺め、往事の野球を今の視点から振り返り楽しんでもらおうというものだ。ただベスト10は従来の打率ではなく、セイバーメトリクスにおける総合打撃指標wRAA(※1)を採用する。これはリーグ平均レベルの打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標だ。この視点で振り返ることで、実は過小評価されていた打者がわかるということもあるかもしれない。
 

1986年のパ・リーグ

チーム  試合 勝率 得点 失点 得失点
西武   130 .581 647 514  133
近鉄   130 .559 611 622  -11
阪急   130 .525 631 576  55
ロッテ  130 .471 622 609  13
日本ハム 130 .467 548 571  -23
南海   130 .402 459 626  -167
 

 
 この年からストライクゾーンが過去にないほど大きく変更され、打撃成績に大きな影響をもたらした。三振数は前年の3664個から4243個と約16%増加。反対に四球は2810個から2284個へと19%減少。リーグ全体の得点は532点減少したが、これはこの三振増と四球減で大半は説明できる。ただし飛ばないボールは使用されなかったようで、バットに当たった場合の結果はむしろ前年よりもわずかに打撃優位になった。
 
 このシーズンも落合博満(ロッテ)の打棒は変わらず圧倒的だった。三冠王を獲得したほか、71.6点に到達したwRAAや1打席あたりの得点貢献を示すwOBA(※3)といった総合打撃指標でも2位以下を大きく突き放している。前述したストライクゾーンの変更により、この年は前年よりも良い成績を残すことが難しかっただけに非常に価値は大きい。wRAAの勝利換算(※2)では7.1と、パ・リーグでは1970年の張本勲(当時東映)が残した以来の歴史的な数値となっている。
 
 2位以下はブーマー(阪急)、リチャード・デービス(近鉄)、レロン・リー(ロッテ)と常連組が続く。いずれも出塁・長打ともにハイレベルな成績を残した。そして常連組のあとには、新人の清原和博(西武)の名前がある。メディアにおいてよく強打者の目安とされる3割30本を高卒新人にしてクリア。持って生まれた能力の高さを見せつけたシーズンであった。
 
 石毛宏典、秋山幸二も引き続き好成績をキープしたことから、前年得点では4位に沈んだ西武打線は早くも盛り返し、リーグ最多となる647得点を記録した。514失点もリーグ最少。中心選手がまだ若かったことから、黄金期が長期にわたることを予感させた。
 
 ベスト10圏外選手では津末英明(日本ハム)に注目したい。この年は彼の現役中、唯一規定打席に到達したシーズンである。地味な選手ながら出塁率は.401を記録、wOBAはリーグ7位の.394を記録した。しかしこの年の前後には目立ったシーズンなく引退。この頃はまだ四球を選べる打者に対する評価が高くない時期であった。時流に合わなかった選手と言えるかもしれない。

1986年のセ・リーグ

チーム  試合 勝率 得点 失点 得失点
広島   130 .613 511 420  91
読売   130 .610 600 437  163
阪神   130 .500 574 536  38
横浜大洋 130 .448 482 547  -65
中日   130 .446 432 519  -87
ヤクルト 130 .389 480 620  -140
 

 
 パ・リーグでは落合が2年連続で三冠王を獲得したが、セ・リーグでも前年に続きランディ・バース(阪神)が三冠王を獲得。wRAA85.8をはじめ、ほとんどの打撃指標で首位を独占した。バースがこの年に残した打率.389は現在も残るNPB史上最高記録である。セイバーメトリクスの視点での評価では前年をはるかに上回っており、wRAAの勝利換算は9.1を記録。これは王貞治(読売)の数字を除外した場合、現在でも歴代最高の成績となる。
 
 このシーズンはセ・リーグでもストライクゾーンが変わり、三振は4153個から4691個へと13%増。四球は2683個から1906個へと、驚きの29%減となった。ゾーン変更についてはセ・リーグの方が徹底されていたようだ。
 
 2位のウォーレン・クロマティ(読売)もwRAA59.9をマーク。普通のシーズンなら完全にリーグ最強打者となるような数字だが、この年はバースが強力すぎた。阪神からはバースに加え、真弓明信、岡田彰布の3人がランクイン。しかしリーグ最多の600得点を記録したのは読売だった。前年圧倒的な攻撃力で優勝した阪神打線にはすでに変調が見られる。ちなみにリーグ戦は最少の420失点に抑えた広島が優勝している。
 
 またこの年のセ・リーグは、初めて1位から4位まですべて外国人枠選手が占めることになった。このとき世はバブル時代にさしかかっていた。現代よりは(相対的に)高い年俸を提示できたため、高い能力の選手でも雇用しやすかったという時代背景がランキングに影響している面もある。競争相手となるMLB球団のサラリーも、今よりはかなり安かった。
 
 ベスト10圏外での注目選手は11位と12位に並んだ高木豊(横浜大洋)とゲーリー(中日)の2人。高木は通算321盗塁のスピードスター。打撃では出塁系の打者として好成績を継続しているが、この時代にわずか1本塁打で11位にランクインしている。そしてゲーリーは高木と正反対の、低出塁率、高長打率のスタッツを残し12位と、コントラストの際立つ並びが興味深い。
 
(※1)wRAA:リーグ平均レベル(0)の打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標。優れた成績で多くの打席をこなすことで値は大きくなる。
(※2)勝利換算:得点の単位で表されているwRAAをセイバーメトリクスの手法で勝利の単位に換算したもの。1勝に必要な得点数は、10×√(両チームのイニングあたりの得点)で求められる。
(※3)wOBA(weighted On-Base Average):1打席あたりの打撃貢献を総合的に評価する指標。
(※4)平均比:リーグ平均に比べwOBAがどれだけ優れているか、比で表したもの。
 
DELTA・道作
 
DELTA@Deltagraphshttp://deltagraphs.co.jp/
 2011年設立。セイバーメトリクスを用いた分析を得意とするアナリストによる組織。書籍『プロ野球を統計学と客観分析で考える デルタ・ベースボール・リポート1~3』(水曜社刊)、電子書籍『セイバーメトリクス・マガジン1・2』(DELTA刊)、メールマガジン『1.02 Weekly Report』などを通じ野球界への提言を行っている。集計・算出した守備指標UZRや総合評価指標WARなどのスタッツ、アナリストによる分析記事を公開する『1.02 Essence of Baseball』(https://1point02.jp/)も運営する。
 
年度別一覧に戻る






  • 記者募集