データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



甲子園から続く物語――やっぱり期待したい斎藤佑樹【えのきどいちろうのファイターズチャンネル#119】

春季キャンプの1軍・2軍メンバーが発表されたファイターズ。1軍メンバーには斎藤佑樹の名前がある。毎年期待されながら結果が出ていないが、今年はどんな1年になるのか。

2020/01/26

text By

タグ: , , , , , ,



フェードアウトの形で終わるな

 さすがに(ひいきのひき倒しの傾向のある僕も)斎藤佑樹と田中将大をライバルとして並べて語るようなことはしない。学生時代、空前絶後の人気を集めたスターもおそらくキャリアの晩年だ。もうルーキーのようには伸びしろはない。そんなことはわかっている。
 
 だけど面白いのだ。僕は斎藤佑樹が登板すると気持ちが上がる。キタ――(゚∀゚)――!! そんな感じだ。これは札幌ドームでも、鎌ケ谷でも。必ず上がる。斎藤佑樹のユニホームシャツも持っているし、ファンであることは間違いない。
 
 斎藤佑樹に批判的なファンの声も知っている。結果が出ない斎藤を保有する枠があるなら、それを若い選手に充(あ)ててほしい、若い無名の選手はもしかしたら化けるかもしれない…。それはホントにそうかもしれないんだよなぁ。
 
 だけど僕は斎藤佑樹の物語のつづきを見たいと思ってしまう。やっぱりさ、甲子園からつづきもので見てるから。あのスター選手はどういう風になっていくんだろうって思うのだ。例えばキャリアの晩年なら晩年、彼はどんな姿を見せるのか。いや、これもしかしたらスポーツ紙の記者さんよりよっぽど人が悪いかもしれないんだよ。
 
 キャリアの晩年、例えば「花道」というような場面で斎藤佑樹はどんなプレーを見せるのか。案外何かやってのけそうな気がするんだよなぁ。2016年日本シリーズなら例えば(シーズン中、まったく振るわなかった)メンドーサみたいな「仕事」! あの年の日本シリーズは大谷翔平がギラギラ輝いたけど、メンドーサとバースの働きも見逃せないからね。
 
 少なくとも僕は斎藤佑樹の物語をこのままフェードアウトの形で終わらせたくない。斎藤にも何らかの形で納得してもらいたいし、僕も納得したい。若い読者には通じない言い方を許してもらえば、斎藤って水島新司『野球狂の詩』の読み切りエピソードの主人公みたいなんだ。見届けたいよ。
 
渡邉諒も勝負の年。内野のポジション争いを制するのは誰か?【えのきどいちろうのファイターズチャンネル#120】
 

1 2


  • 記者募集