データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



「○○のダルビッシュ」と呼ばれた現役プロ選手の成績は? 当時の二つ名とともに振り返る【編集部フォーカス】

2019/12/28

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 超一流のプレーヤーとなると、自身の名前が代名詞となり、若い選手を形容するときに用いられるようになる。2000年以降では「○○のイチロー」、「○○ゴジラ」などが多く見受けられた。
 
 中でも近年で最も多いのは高校野球でよく使われる「○○のダルビッシュ」だろう。その名で呼ばれる選手の特徴として、細身で長身の投手であることが第一に挙げられる。今回は、「○○のダルビッシュ」と呼ばれた主な選手を紹介する。
 
 まずは本家・ダルビッシュ有投手の成績は以下のとおりだ。
 
ダルビッシュ有
シカゴ・カブス所属/身長196センチ
2019年成績(MLB):31試合178回2/3、6勝8敗、229奪三振、防御率3.98
NPB通算成績:167試合1268回1/3、93勝38敗、1H、55完投、18完封、1250奪三振、防御率1.99
MLB通算成績:170試合1051回、63勝53敗、2完投、1完封、1299奪三振、防御率3.57

1 2 3 4 5


  • 記者募集