データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



川相昌弘、ドラフト4位の肖像#2――「お前は普通科高校に行って、大学に行ったほうがいいって言われました」

ドラフト四位指名―ドラヨンに結果を残している選手が多い。ドラフト一位指名は、その時点で同年代の野球少年の最前列にいると認められたことになる。その意味で、ドラヨンは、二列目以降の男たちとも言える。そんな“ドラヨン”で入団した野球選手を追った10/16発売の新刊「ドラヨン」から一部抜粋で先行公開する。

2019/10/15

text By

photo

田崎健太

タグ: , , , , , , , , , ,



「公式戦で一度も勝ったことのないチームでした」

 小学六年生の卒業文集で川相はこう書いている。
 
〈ぼくは、将来、プロ野球の選手になって活躍したいです。でも、その前に高校野球に出て、優勝するのが夢です。どんなに苦しくても、つらくても、努力して、夢に挑戦します〉
 
 最初の夢である甲子園出場を身近に感じたのは、中学入学直後のことだった。自宅から五キロほど離れた場所にある岡山南高校が春の選抜に初出場したのだ。この大会で岡山南は準決勝にまで進んでいる。その姿をテレビで観た川相は自分も甲子園に立ってみたいと強く思うようになった。そして、ようやく本格的に野球を始められるのだと意気込んで、藤田中学校の軟式野球部に入っている。
 
 しかし――。
 
「近くに団地もあって、三つの小学校から集まってくるので人数はいるんです。でも、公式戦で一度も勝ったことのないチームでした」
 
 中学二年生の夏、三年生が部活を引退して、川相たちが最上級生となった。川相は自ら主将になると宣言し、練習メニューを考案した。そして秋季大会で公式戦初勝利を挙げている。
 
「二つぐらい勝って、(岡山市の)ベスト八ぐらいまでいったのかな」
 
 これが中学校での最高成績となった。

1 2 3 4 5