データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



濱口遥大、岡田明丈がMLB打者との対戦で得た手応え。真っ向勝負で見えた課題【日米野球】

「2018日米野球」第5戦は、日本代表「侍ジャパン」がMLBオールスターチームを6-5の逆転勝利で下した。劣勢の状況で流れを変えたのは、2番手以降の投手たちだった。

2018/11/15

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



試合の流れを作った濱口、岡田のピッチング

 中継ぎで登板した投手陣に明るい未来が見えた気がした。
 
 日米野球第5戦は、4点ビハインドから7回に同点に追いつき、8回に勝ち越して逆転勝利をあげた。相手のミスに助けられた試合ではあったものの、後半の粘り強さは、今シリーズにおける侍ジャパンのストロングポイントの一つになっている。
 
 「投手陣は点を取られてはいますけど、最少失点に抑えてくれている。投手陣が粘り強く後ろに繋ごうという気持ちがみんなを一つにして逆転劇になっていると思う」
 
 稲葉篤紀監督は投手陣の奮闘をそうたたえている。
 
 この日の試合では先発の東浜巨がゲームを作れない苦しい展開の中、第2先発としてマウンドに立った濱口遥大、岡田明丈、高梨雄平、佐藤優、松井裕樹の好投がもたらしたものは大きい。
 
 とりわけ、2番手でマウンドに上がった濱口が、ストライクをどんどんとっていくスタイルで勝負していたのは印象的だった。
 
 「負けている展開で試合に出て行ったので、建山コーチからテンポ良くしっかりリズムを作れるようにと言われてマウンドに上がりました。四球が出てしまうことを気にしすぎるのではなくて、バッターに向かって腕を振って、ゾーン内で勝負していこうと思いました」
 
 濱口は1失点こそ喫したものの、2回4三振を奪う好投を見せて、それまでの流れを断ち切って次へと繋いだのだ。そして、3番手の岡田も1失点しながら、こちらもストライクゾーン勝負をした。先発の東浜が、コースを狙いすぎてリズムを作れていなかったから、2人のピッチングは試合の流れを作った。

1 2 3