データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





巨人は変貌の可能性も。セ、優勝争いは三つ巴。軸は広島、充実補強の阪神も対抗馬に【小宮山悟の眼】

 プロ野球が30日に開幕する。きょうから2回に分けて、セ・パ両リーグの順位予想、今季展望について話したい。まずはセ・リーグから。

2018/03/27

text By

タグ: , , , , , , , , , ,



今季も優勝争いの中心は広島

 今季のセ・リーグの順位争いで軸になるのは、やはり広島東洋カープだろう。リーグ2連覇を果たした昨季の戦力から大幅なマイナスがない。熟成されたチームであり、昨季の戦いぶりを見ても間違いなく優勝争いの中心となり、今季も期待が持てる。
 
 しかし、昨季は他のチームとの能力差が大きかったわけではないのに、独走で優勝した。隙が生まれる可能性も危惧したい。 ポイントになるのは読売ジャイアンツ戦だ。昨季は18勝7敗と圧倒的に勝ち越したが、これは通常では考えられない数字だと思った方がいい。勝ち星が5つ動くだけで10の差が出る。そうなった場合、ペナントの趨勢は大きく変わる。
 
 広島の対抗馬となるのは、巨人と阪神タイガースだ。僅差の三つ巴となるだろう。
  
 ここで鍵を握るのは補強の有無だ。広島の戦力はダウンもしていないが、アップもしていない。一方、巨人と阪神は補強を行った。その差がどう影響するか。

1 2 3