データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



球界の常識を覆した二刀流・大谷翔平。日本屈指の逸材が球界に残した”伝説”10選【編集部フォーカス】

2017/12/11

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



■日本球界史上最速の165キロ

 2016年のクライマックスシリーズファイナルステージで日本ハムは福岡ソフトバンクホークスと対戦。
 
 第1戦では8番・投手として先発出場し、7回無失点・2打数1安打と投打で活躍を見せ勝利に貢献。そして、第5戦では3番・指名打者として出場し、9回には指名打者を解除してリリーフ登板。そして、9回一死に吉村裕基を迎え、大谷が投じた初球は日本人史上最速となる165キロをマークした。
 
 なお、大谷は9回二死から迎えた本多雄一の打席でも165キロを2球投じ、ソフトバンク打線を三者凡退に抑えて自身初セーブを記録。日本シリーズ進出決定に貢献した。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11