データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【日本S第3・4・5戦展望】DeNA、第2戦の本塁打で見えた好材料。地の利生かしてソフトバンクの勢い阻止へ

日本シリーズは31日から横浜DeNAベイスターズの本拠地・横浜スタジアムに舞台を移す。ここまでの成績は、パ・リーグ王者の福岡ソフトバンクホークスが2戦2勝。DeNAは横浜でファンを味方につけ、一矢報いることができるか。

2017/10/31

text By

タグ: , , , , , ,



DeNA、1番の起用に変化はあるか

 ここへきてもう一つの問題となっているのが1番の桑原将志だ。
 
 桑原はこの2試合で9打席無安打。2戦目は4三振と全く打てていない。
 
 梶谷や宮崎も2戦目まではそれほど結果を出せたわけではないが、ストライクゾーンに来たら積極的に振るというシーズン中と変わらない姿勢を見せていた。それはラミレス監督がチームに求めていたことだ。結果は伴わなかったが、彼らの打席内容は悲観するものではなかった。
 
 しかし、桑原はそれができていない。積極性がなくても選球ができていれば問題ないが、それもできていない。シーズン中なら復調を待てるものの、短期決戦ではそういうわけにもいかない。ラミレス監督がどんな判断を下すか注目だ。
 
 第1戦に2安打を放ったものの、シーズン中から出塁率の低い倉本を1番起用する手もあるが、梶谷を1番に入れ、ベテランの田中浩康の2番起用というのもある。
 
 先発はウィーランド、石田健大、濱口遥大が予想されているが、カギを握るのは中継ぎ陣だ。第2戦で露呈した層の薄さをどう再編するか。第2戦は三上、パットンが打たれ、山崎康晃に繋ぐことができなかった。
 
 第1戦で好救援を見せた須田幸太がカギを握りそうだが、同じ試合で先発した井納翔一の中継ぎ起用も考えたい。井納はホームのマウンドでなら普通に投げられるし、中継ぎ起用はシーズン終盤に経験済みだ。
 
 相手の強力打線でムードを作っているのは1番の柳田だ。まずはここをどう抑えるかだろう。柳田を抑えれば、デスパイネの怖さは半減する。彼を止めることからムードを変えていきたい。

1 2 3



  • 記者募集