データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【日本S第3・4・5戦展望】DeNA、第2戦の本塁打で見えた好材料。地の利生かしてソフトバンクの勢い阻止へ

日本シリーズは31日から横浜DeNAベイスターズの本拠地・横浜スタジアムに舞台を移す。ここまでの成績は、パ・リーグ王者の福岡ソフトバンクホークスが2戦2勝。DeNAは横浜でファンを味方につけ、一矢報いることができるか。

2017/10/31

text By

タグ: , , , , , ,



2連勝のソフトバンク、敵地で決着か

 さて、2連勝のソフトバンクは一気に優勝を決められるか。
 
 先発は武田翔太、バンデンハーク、和田毅と予想されている。武田はCSファイナルの楽天戦で完璧なピッチングをみせた。その勢いを買っての抜擢だろう。工藤監督は第3戦がポイントになると踏んでいるに違いない。
 
 この第3戦からはセ・リーグ球場での開催となるため、DH制がない。屋外球場で気温の低下も心配される。そう簡単に行くとも限らない。序盤に失点すれば早めの代打もあるだろう。そうなれば投手交代のタイミングがカギになりそうだ。
 
 先にも書いたように、工藤監督はCSファイナルの第3戦から持っている駒を出し惜しみせず、選手を起用する積極采配が目立った。しかし、日本シリーズ第2戦は早めの継投に入った森が宮崎に一時は勝ち越しとなる本塁打を食らった。先手を打ったところ跳ね返された。その中で工藤監督がどう采配を振るってくるかは非常に興味深い。
 
 打線は心配ない。1番の柳田が好調をキープし、いい流れを打線に呼び込んでいる。DH制ではないため、デスパイネが左翼を守ることになるが、大きな戦力ダウンにはならないはずだ。第2戦に代打で出場してチャンスメークした明石健志、同じく決勝タイムリーを放った中村晃が調子を上げているだけに、彼らの存在も大きい。
 
 第3戦に勝利すれば、ソフトバンクは日本一に王手をかけ勢いは止められなくなる。横浜で決めるのか、それとも福岡までもつれ込むのか。31日の第3戦がターニングポイントになる。

1 2 3



  • 記者募集