データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





日ハムは首位・楽天と対戦。二刀流・大谷の復帰で上昇気流に乗れるか【パ展望第18節】

プロ野球は23日、リーグ戦が再開する。北海道日本ハムファイターズは、本拠地で首位・東北楽天ゴールデンイーグルスを迎える。日本ハムは二刀流・大谷翔平の復帰が予想され、リーグ5位と低迷するチームの上位浮上のきっかけとなるか。

2017/06/23

text By

タグ: , , , , , , , , , , , ,



上り調子の日本ハム打線VS首位・楽天の強力投手陣

5位 日本ハム-1位 楽天 札幌D 1勝6敗
 
 昨季の覇者・日本ハムはホームに首位・楽天を迎えての3連戦となる。後半戦のスタートを切る相手が首位とあって、いい契機にしたい。一方の楽天は7月以降に日程が詰まってくる。今のうちに離しておきたいところだ。
 
 日本ハムの初戦先発はメンドーサと発表されている。今季2勝5敗と苦しんでいるが、楽天戦はそれほど苦にしていない。打たせて取るリズムのあるピッチングを見せたい。2戦目は左腕の加藤貴之、3戦目は有原航平か。
 
 加藤は数少ない左腕投手として楽天打線を封じたい。有原は前回登板で今季1番のピッチングを見せた。今後を占う意味でも大事な一戦となる。
 
 打線の方は交流戦で調子を上げてきた西川遥輝、交流戦打率2位の松本剛がチャンスを作ってくれそうだ。大田泰示、中田翔、レアードとどう絡めるかがポイントだろう。気になるのは打順だ。大谷翔平の復帰も予想され、どういう策を取ってくるか。栗山英樹監督の采配に注目だ。
 
 楽天は初戦にエースの則本昂大ではなく、安樂智大が先発する。今季、梨田昌孝監督はカード頭にこだわっていない節を感じるが、この思い切った策は若手を成長させるかもしれない。2戦目は美馬学、3戦目は岸孝之が控え、先発陣は強力だ。
 
 打線の方はこれまで1番を務めてきた茂木栄五郎が故障離脱。ペゲーロとの1、2番の最強コンビは解体するが、代役には島内宏明が抜擢されそう。島内は日本ハム戦打率.357と高いアベレージをマークし、問題はないはずだ。ペナントが再開し、これまでの流れを変えないためにも日本ハムの投手陣を打ち崩していきたい。

スポンサードリンク

1 2 3