データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



日ハムは首位・楽天と対戦。二刀流・大谷の復帰で上昇気流に乗れるか【パ展望第18節】

プロ野球は23日、リーグ戦が再開する。北海道日本ハムファイターズは、本拠地で首位・東北楽天ゴールデンイーグルスを迎える。日本ハムは二刀流・大谷翔平の復帰が予想され、リーグ5位と低迷するチームの上位浮上のきっかけとなるか。

2017/06/23

text By

タグ: , , , , , , , , , , , ,



カード初戦はルーキー対エース

4位 オリックス-6位 ロッテ ほっと神戸、京セラD 3勝5敗
 
 オリックスは交流戦で10勝8敗と弾みをつけた。ペナントでも同じ力を出し切れるか。一方のロッテはペーニャが加入し、言い訳できない戦力になった。井口資仁の引退も発表され、これからは一つでも順位を上げたい。
 
 オリックスの初戦先発はルーキーの山岡泰輔が上がる。前回登板が試合中に中止となったため、ここに先発出番が回ってきた。社会人野球出身の投手は都市対抗予選から本番が本格化するこの時期から調子を上げると言われる。ルーキーの本領発揮なるか。
 
 2戦目は松葉貴大、3戦目は西勇輝か。今季苦しんでいる2人だが、ルーキーに負けていられない。打線の方は、交流戦最終戦のDeNA戦で終盤に大逆転勝利。この勢いを持続したい。14日からの5試合で4本塁打のロメロ、高打率をマークしているT-岡田の前に走者をためたいところだ。
 
 ロッテは交流戦の最終戦で巨人にまさかのサヨナラ負け。数日間のインターバルをプラスに捉えたい。初戦の先発は涌井秀章が上がる。今季はまだ2勝と苦しい登板が続くが、すべての内容が悪いわけではない。2戦目は唐川侑己、3戦目は石川歩と右腕を揃える。唐川はそろそろ背水の登板となる。強気な姿勢で臨みたい。石川は前回登板で初勝利を挙げて気持ちも上昇している。
 
 打線はペーニャが入ってから、パラデスに元気が出てきた。もともと能力が高い選手だけに、気持ちよく打席に立たせたい。これまた途中加入のサントスが打率3割をキープし、いい形をチームに呼び込んでいる。角中勝也、鈴木大地と上手く絡めて得点を重ねていきたい。三木亮、中村奨吾、田村龍弘ら若手の奮起も欠かせない。

1 2 3



  • 記者募集