データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



前田幸長、ドラフト1位の肖像#5――プロ野球生活20年、〝アンチ巨人〟だった男のしたたかさ

1988年ドラフト1位で当時のロッテオリオンズに入団した前田幸長。その後、千葉ロッテマリーンズ、中日ドラゴンズ、読売ジャイアンツを経て、最後には米国へ渡り3Aでもプレーをした。プロ野球の中では細身ながらも、独特のカーブとナックルボールを決め球に存在感を発揮した。

2017/02/19

text By

photo

田崎健太

タグ: , , , , , , , , ,



ナックルボールで活路

 プロ初年度、89年シーズン、前田は17試合に登板して2勝3敗という成績だった。
 2年目から前田は新しい変化球の習得に取り組んでいる。
 
「真っ直ぐとカーブでは厳しいと思いましたね。高校生だったら振っていたカーブをプロは振らない。空振りを取りに行ってるのに、見逃されたり、ぴたっとバットを止められて、ボールになってしまう」
 
 まず試したのはフォークボールだった。
 
「挟んで投げれば落ちるだろうとやってみたいんですが、ぼくは駄目でした。指が痛てぇなって、というだけで落ちなかった」
 
 ロッテには、村田、牛島というフォークボールの名手がいたが、彼らに教えを請うことはなかったという。
 
「なんででしょうね。コーチにも聞かなかったですね。聞けば教えてくれたのかもしれませんけど、テレビで見た投げ方を試してみました」
 
 次に前田が投げてみたのが、ナックルボールだった。これもまた自己流で試しているうちに習得したという。
 ナックルボールは、ボールをわしづかみにして、離す瞬間に指で弾く――とされている。しかし、前田の投げ方は違う。
 
「ぼくは弾かないんです。そのままストレートと同じように投げる。だから球速も遅くない。ぼくの意図としては、フォークの代わりとなる落ちるボールのつもりでした」
 
 2年目から前田はこのナックルボール、そしてスライダーを試合で使うようになった。
「そこからちゃんとゲームを作れるようになりました」
 
 95年シーズン終了後、前田は中日に移籍。そして2001年にFAで巨人に移った。
 ジャイアンツでは貴重なセットアッパーとして起用され、2002年シーズンの日本一に貢献した。
 
 2008年、ジャイアンツを退団後、テキサス・レンジャーズとマイナー契約を結んだ。3Aオクラホマで、36試合登板、5勝3敗という記録を残したが、メジャー昇格はできなかった。そして、この年12月、現役引退を表明。日本19年、アメリカ1年の20年に渡るプロ生活だった。

1 2 3