データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



前田幸長、ドラフト1位の肖像#5――プロ野球生活20年、〝アンチ巨人〟だった男のしたたかさ

1988年ドラフト1位で当時のロッテオリオンズに入団した前田幸長。その後、千葉ロッテマリーンズ、中日ドラゴンズ、読売ジャイアンツを経て、最後には米国へ渡り3Aでもプレーをした。プロ野球の中では細身ながらも、独特のカーブとナックルボールを決め球に存在感を発揮した。

2017/02/19

text By

photo

田崎健太

タグ: , , , , , , , , ,



調子に乗っていた1年目、プロの厳しさを痛感

 1988年のドラフト会議でロッテオリオンズから1位指名を受けた前田幸長は、完成したばかりの浦和の選手寮に入ることになった。そこから川崎球場での合同自主トレーニングに通うことになった。
 
 練習が始まり、ある先輩選手から前田は声をかけられた。
 
「俺の名前知っているか?」
 
 正直に「すいません、知りません」と頭を下げると、その選手は苦笑いしてこう言った。
 
「そうか、そうだよなぁ。(ロッテの選手は)テレビ出ていないもんな」
 
 その率直な物言いに前田は思わず笑ってしまったという。
 
 前田がロッテに入る前、名前を知っていたのは、投手の村田兆治、牛島和彦、そして甲子園での投球をテレビで見ていた前年ドラフト1位、伊良部秀輝だけだった。
 
「あとから愛甲(猛)さんがいるわ、という感じですね。普通はプロ入り前に、選手名鑑を買って、先輩の顔と名前を覚えてから行くのかもしれませんけど、ぼくはしなかった」
 
 前田が閉口したのは、川崎球場の粗末さだった。
 
「プロ野球の球場なのに、こんなに汚いんだと。平和台(球場)のほうが綺麗じゃないかと。ロッカーも半端なく汚かったですね」
 
 また、実力主義である、プロ野球の世界にも〝上下関係〟があることも知った。
 
「投手陣は最初、沖縄でキャンプを張ったんです。そこで練習が終わって、部屋に帰ってシャワーを浴びたんです。そうしたら、教育係の平沼(定晴)さんに帽子を叩きつけて怒られました。(ロッテでは)同室の先輩よりも先にシャワーを浴びたらいけなかったんですね」
 
 キャンプから一軍に帯同した前田は、主力投手と共にブルペンに入っている。
 
「荘勝雄さんとか園川(一美)さんとかがいましたね。速いと思ったのは、村田兆治さん。ラブ(伊良部)さんも速かったんですが、まだくすぶっている時期だったので、それほどでもなかった。だから周りの投手を見ても、やべぇー、レベルが高いとか思わなかったんですよ。なぜだから分からないけど、勝手に自分はやっていけると思い込んでいましたね」
 
 とはいえ、プロ野球は高校野球で対戦していた打者とは水準が違った。
 
「今でも忘れないんですけれど、紅白戦で登板して、伊藤史生さんと対戦したんです。ぼくより、4、5歳上で、これから売り出そうかという感じで一軍キャンプに抜てきされていたんです。その人に初球ホームランを打たれた。おお、すげーなと。ある程度のところに投げれば初球は見逃すでしょって、今まで初球を振ってくるという感覚がなかった。そこからちゃんとやらないといけないと思ったんです」
 
 ちゃんとやらなくても勝てると思い込んでいたんでしょうね、調子に乗ってましたから、と前田はからから笑った。

スポンサードリンク

1 2 3
shiro