データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



三連覇逃したソフトバンク。柳田、攝津、バンデンハークら主力の戦線離脱が響く【2016年通信簿】

2016年のソフトバンクは83勝54敗6分で2位に終わった。投打にタイトルホルダーを要しながら逃した三連覇。シーズン序盤、圧倒的な強さを見せて2位の日本ハムに11.5ゲーム差をつけていただけに、優勝を奪われ悔しい結果となったシーズンを振り返る。

2016/12/31

text By

タグ: , , , ,



夏場、流れを変えられず

ベンチワーク3.5点
 一時は2位の日本ハムに11.5ゲーム差をつけていた。そこからまさかの失速。7月は勝率5割、8月は3つの借金をつくってしまった。この時期、先発よりも救援防御率が高くなっている。疲労が蓄積してくる夏場、ブルペン事情も苦しいとは思うが、そのときの調子や相手との相性を見極め、もうひと踏ん張りしてほしかった。

 シーズン中に気になったのが、打席に入った選手がサイン交換に時間を要していること。ミスは許されないため慎重になるのはわかるのだが、もう少し短時間で終わらせ、打席に集中してもらいたいものだ。

 勝てばより一層盛り上がり、例え負けても良かった点を引き出して前向きに考える工藤公康監督の姿勢は今季も健在だった。その明るい姿勢で来季はV奪還へ一致団結していってほしい。

1 2 3 4





  • 記者募集