データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



三連覇逃したソフトバンク。柳田、攝津、バンデンハークら主力の戦線離脱が響く【2016年通信簿】

2016年のソフトバンクは83勝54敗6分で2位に終わった。投打にタイトルホルダーを要しながら逃した三連覇。シーズン序盤、圧倒的な強さを見せて2位の日本ハムに11.5ゲーム差をつけていただけに、優勝を奪われ悔しい結果となったシーズンを振り返る。

2016/12/31

text By

タグ: , , , ,



柳田の戦線離脱が影響

野手3.5点
 チーム打率.261はリーグ3位の成績だ。決して悪くはないが、昨季からするともの足りない。ソフトバンクの魅力は強力打線にあると思う。一度火が付いたら止まらない打線が相手に脅威を与える。2ケタ得点した試合は9試合あったが、無得点に終わったのも同じく9試合。特に7月は5試合と打線の繋がりに苦しんだ。

 故障による柳田悠岐の戦線離脱は痛かった。しかも優勝争いをする9月に、だ。それでもその穴を埋めようと柳田に代わって主軸に起用された江川智晃が奮起。選手層の厚さは相変わらず、リーグ随一と言える。

 さらにリーグ1位の出塁率.341に注目したい。中でも四球537は断トツで、最高出塁率を獲得した柳田は100、選球眼に優れた中村晃は99と、バットを振らずにチャンスメイクできる力も持っている。この出塁率を活かして、来季は得点力を伸ばしてもらいたい。

1 2 3 4





  • 記者募集