データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



辻内崇伸、ドラフト1位の肖像――「戦力外通告にほっとした。野球人生に悔いなし」【連載第5回】

かつて「ドラフト1位」でプロに入団した選手1人の野球人生をクローズアップする。華やかな世界として脚光を浴びる一方で、現役生活では「ドラフト1位」という肩書に苦悩し、厳しさも味わった。その選手にとって、果たしてプロ野球という世界はどのようなものだったのだろうか。

2016/11/01

text By

photo

田崎健太

タグ: , , , , , ,



肩が治るんだったら……

 現在、辻内は日本女子プロ野球機構所属の『レイア』のコーチを務めている。未だに肩の痛みがあり、軟球でさえ投げられない。草野球に誘われるときは、投げる機会の少ない1塁手が定位置である。
 
「この肩が治るんやったら、ホンマ、何でもしますよ。肩が治ったら、まだ投げられるんちゃうかなと、たまに思ったりします。ある日、朝起きて痛みが消えていたら、一番最高。泣いてまうでしょうね」
 
 最後に辻内にこう尋ねた。
 
 もう1回、人生をやり直すことができれば、ドラフト1位で指名されたいですか、と。
 彼は「どうですかね」と首を傾けた。
 
「違う人生を歩みたいという気持ちはあります。小学校とかに戻るんやったら、野球はやらない。もうちょっと格好いい、サッカーとかテニスとかやりたいですね。大阪桐蔭のあんなしんどい練習は二度とやりたくないですから。あれは地獄でした。でも、あの練習でプロになれた。それは感謝してます。ぼくの人生で自分の思ったような速球を投げられたのは、3、4年ぐらい。それで野球人生を終えたことは後悔はしていないです」
 
 そう言うと、日に焼けた顔をほころばせて、にっこりと笑った。
 
(連載終わり)
 
 
【プロフィール】
辻内崇伸(つじうち・たかのぶ)
 
大阪桐蔭高校3年時、夏の甲子園1回戦の春日部共栄戦で152km/hをマーク。一気に注目を浴びる。2回戦の藤代戦では当時の大会タイ記録となる19奪三振を記録。同校をベスト4へ導く原動力に。05年の高校生ドラフト会議では読売ジャイアンツとオリックス・バファローズとの競合の末巨人が指名権を獲得し、1巡目指名で入団。しかし、プロ入団後は度重なる故障に悩まされ、結局06年から引退する13年まで一軍公式戦出場はなかった。引退後、2014年より日本女子プロ野球機構(JWBL)の埼玉アストライアのコーチ、2016年からはレイアのコーチを務める。

1 2 3 4