プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



豊作確実?2023年ドラフト注目高校生5人(4)九州に現れた“現代風”の新星

2022/10/29

text By

photo

産経新聞社



ドラフト2023 最新情報

 今年も数々のドラマが生まれたプロ野球ドラフト会議。9球団が重複なしで1位指名を公表する異例のドラフトとなったが、野球ファンの間では大きな盛り上がりを見せた。今回は、逸材揃いと呼び声高い2023年ドラフトの高校生候補5人を厳選し、紹介する。

 

 

松石信八(藤蔭)

 
 高校生の右投手では、藤蔭・松石信八投手の存在が光る。身長173センチ、体重65キロと小柄ながら、最速152キロの直球を持つ本格派だ。伸び代も十分で、来年に向けどう成長するか注目が集まる。
 
 中学時代から速球を武器に活躍し、藤蔭では1年夏から公式戦のマウンドを経験。夏の大分大会では自己最速146キロを含む140キロ台のストレートを連発し、準決勝の明豊戦では敗れたものの8回3失点の力投を見せた。さらに秋には152キロを計測。投げるたびに進化を続けている。2年次は春季大会後に骨折に見舞われたが、夏には復活を果たした。
 

 
 インスタグラムなどのSNSで積極的に発信しており、ファンも多い“現代風”の高校球児でもある。数々の名選手を輩出した九州から新たなスターが誕生しそうな予感だ。