大谷翔平選手をはじめとした日本人メジャーリーガーを中心にメジャーリーグ・日本プロ野球はもちろん、社会人・大学・高校野球まで幅広いカテゴリーの情報を、多角的な視点で発信する野球専門メディアです。世界的に注目されている情報を数多く発信しています。ベースボールチャンネル



Home » プロ野球最新情報 » MLB入り熱望も…メジャー移籍が叶わなかった歴代野手5人。夢への挑戦を断念した選手たち

MLB入り熱望も…メジャー移籍が叶わなかった歴代野手5人。夢への挑戦を断念した選手たち

2023/06/19

text By

photo

産経新聞社



阪神時代の鳥谷敬(左)と広島・菊池亮介

プロ野球 最新情報

 MLBの舞台では、二刀流の大谷翔平選手が球界を席巻。NPBからも毎シーズンのように海を渡り、新たな日本人メジャーリーガーが誕生している。一方で、過去にはメジャー挑戦を熱望するも、断念した選手も存在。そこで今回は、MLB移籍が叶わなかった選手5人を紹介する。

 

 

鳥谷敬

阪神・鳥谷敬
出身:東京都
投打:右投左打
身長/体重:180cm/79kg
生年月日:1981年6月26日
ドラフト:2003年ドラフト自由枠

 
 阪神タイガースのショートとして長きにわたって活躍し、13年連続全試合出場を達成した鳥谷敬。鳥谷もメジャーを夢見た選手の1人だった。
 
 聖望学園高校から早稲田大学に進んだ鳥谷は、1年時からセカンドのレギュラーを奪取。 監督からの期待に応えるように、大学4年間で全96試合に先発出場し、大学2年春には三冠王を獲得した。
 
 そして、2003年にタイガースへ入団した。2005年から全試合出場を継続し、2011年には打率.300、出塁率.395で最高出塁率のタイトルを戴冠。ベストナイン6回受賞と球界屈指のショートストップとなった。2014年オフにメジャー志望を球団に伝えた鳥谷は、海外FA権を行使。メジャー移籍は有力という見方もあった。
 

 
 ただ、条件面での折り合いがつかず、タイガース残留を発表。超大型5年契約を結んだ。2020年から2シーズンは千葉ロッテマリーンズに在籍したが、「阪神のショートといえば鳥谷」というイメージをプロ野球ファンに残したことは間違いない。

1 2 3 4 5