大谷翔平選手をはじめとした日本人メジャーリーガーを中心にメジャーリーグ・日本プロ野球はもちろん、社会人・大学・高校野球まで幅広いカテゴリーの情報を、多角的な視点で発信する野球専門メディアです。世界的に注目されている情報を数多く発信しています。ベースボールチャンネル



Home » プロ野球最新情報 » “補償なし”はお買い得!? プロ野球、CランクでFA移籍した選手6人 獲得成功となったのは…

“補償なし”はお買い得!? プロ野球、CランクでFA移籍した選手6人 獲得成功となったのは…

2024/05/25

text By

photo

産経新聞社



プロ野球 最新情報(最新ニュース)

 プロ野球のストーブリーグで大きな話題となるのが、フリーエージェント(FA)戦線だ。FA権を行使した選手は、所属球団内の年俸順でランク付け。日本人選手上位3人がAランク、4~10位までがBランク、それ以下はCランクと位置付けられる。移籍時に金銭や人的補償が伴うA・Bランクの選手に対し、近年は補償なしで獲得可能なCランクの選手の需要が高まっている。今回は、CランクでFA移籍した選手を紹介したい。

 

今シーズンのプロ野球はDAZNで生中継!
月額1270円お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]

 

井納翔一

 CランクでのFA移籍を果たした井納翔一。移籍先では目立った成績は残せず。戦力外が通告され、現役引退の運びとなった。
 
 NTT東日本から2012年ドラフト3位で横浜DeNAベイスターズに入団した井納。プロ1年目から5勝を挙げると、翌2014年には11勝をマーク。
 

 
 2016年シーズンには開幕投手を務めるなど、主に先発ローテーションの一角として活躍し、在籍8年間で計50勝を記録した。
 
 2020年オフに国内FA権を行使し、争奪戦の末に読売ジャイアンツと2年契約を締結。移籍1年目から開幕ローテーション入りを果たすも、不安定な投球が続いて中継ぎに配置転換。
 
 その後も結果を残せず、自己ワーストの5試合登板、防御率14.40に終わる不本意なシーズンとなった。
 
 契約最終年となる2022年は、開幕2軍スタート。チームが新型コロナウイルスの集団感染に苦しんだ8月にリリーフとして一軍昇格を果たし、移籍後初勝利も記録したが、シーズンの大半はファーム生活に。オフには戦力外通告を受け、現役引退を決断した。

1 2 3 4 5 6