プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



大学or社会人を経て…大阪桐蔭出身のドラフト候補7人(3)吉報を待つ“即戦力”打者

2022/10/19

text By

photo

産経新聞社



プロ野球 最新情報(最新ニュース)

 2022年プロ野球ドラフト会議が、10月20日に控えている。今年は現代最強校・大阪桐蔭から松尾汐恩ら3人がプロ志望届を提出。その他にも大学、社会人で活躍を続け、プロ注目の存在となった選手もいる。ここでは、大阪桐蔭出身の大学生・社会人ドラフト候補7人を紹介する。

 

 

藤井健平(NTT西日本)


 
 藤井は、大阪桐蔭高、東海大を経てNTT西日本に入社した外野手。左投左打。身長176センチ、体重76キロ。(NTT西日本野球部のHPより)
 
 大阪桐蔭高では、2年夏にベンチ入りメンバーとして甲子園優勝時を経験した。同年秋に外野のポジションを奪い、チームも大阪府大会を制覇。3年春のセンバツでは中軸を打った。東海大では3年春に正右翼手となると、優勝を決める本塁打を放ってMVPに輝いた。以降は主にクリーンアップを打ち、大学選手権大会や明治神宮大会にも出場した。
 

  
 大学卒業後はNTT西日本に進み、1年目からレギュラーを奪取。都市対抗では3試合で打率.750(8打数6安打)、1本塁打、3打点、4盗塁と大暴れした。シュアな打撃に加え、俊足と強肩を生かした外野守備も魅力。ドラフト解禁の昨年は指名がなかったが、今年も即戦力の社会人野手として注目されている。